月別アーカイブ: 2014年6月

せんだいE-Actionキックオフイベントの模様だよ。やたら長いけど。

本日のブログ。伊達武将隊の畑ちゃんのMCで始まりますは、いったい何でしょう?場所は市内一番町です。


なんだかカメラを構えているお嬢さんが集まってますね。伊達武将隊は春の模様換えからまたまた人気なようで。


そして足元にはゴーヤの苗。この光景はいつぞや見たようなぁぁぁ。


お!誰か来た。さぁこの人は誰でしょう?!


ジャ〜ン。シンプル&スローライフの会 柳沼さんですね。本日はイベント参加でゴーヤの苗を引っさげての登場です。


そして「あ〜らよっと」お館様が土を担いでいます。


ジャジャ〜ン。本日は、せんだいE-Actionのキックオフイベント「みんなで省エネから始めよう!」でした。
一番町の藤崎前特設ステージから、省エネ創エネ蓄エネを推進する「せんだいE-Action」の、今年度のさらなる環境推進への願いを込めて、市民の皆さまに協力をお願いする「キックオフイベント」の模様を。。。。すみませ〜ん。今日は写真ばっかり超〜大量に撮っていたので、画像中心でお届けします。チョコチョコ文章も大切だけど、写真中心で見てね。写真で。


まずはイベントの一番最初のコマ。伊藤副市長から「せんだいE-Action」実行委員会2014の活動宣言を行ってもらいます。
この宣言をもって、実行委員会の活動開始となる訳ですね。


「私たちは震災時に経験したエネルギー問題から、持続可能なライフスタイルの実現へ向けて「省エネ・創エネ・蓄エネ」の3Eを実戦する「せんだいE-Action」に取組み、防災・環境都市づくりを目指します。
NPOや団体、事業者の皆さん、大学生や専門学校生の皆さんと立ち上げた「せんだいE-Action実行委員会」は、各団体の特色を生かし3E啓発イベントを市民の皆さまと共に展開していきます。」

わ〜っとね。
せんだいE-Actionは、昨年まで年度を区切って活動してきたのですが、地域のため環境のため、省エネで私たちの暮らしを持続可能にするためには3Eは必須のことなのですね。ならば継続して実施しようっということで、今年からは「せんだいE-Action」の名前一本でいきます。


続きまして、せんだいE-Action推進キャラクターとして活躍してもらう、奥州・仙台おもてなし集団 伊達武将隊を代表して伊達政宗公に任命状の贈呈です。
伊藤副市長から、「せんだいE-Action推進武将隊」の長として、是非ともよろしくお願いします。


しかと心得た。城下の多くの民が環境のこと未来のことを考え行動するよう、我らが率いていくぞ!


はい。記念写真の時間。
だから今日はカメラが多いのですね〜。


続いて、せんだいE-Action実行委員会メンバー勢ぞろいで記念撮影。
ポーズはE-Action


委員だけじゃないよ〜。
さらに会場に集まってもらった市民も参加してE-Action!


ということで、式典の部は、これにて終了。
ドリフだったらココで音楽が流れてステージが回転しますが、このイベントではパネルのアッチからこっち側へ観客が移動します。
おお!芭蕉さんが持っているのは、もうじき始まる「伊達な節電所キャンペーン」のパネルですね。


そして7月1日からは、昨年に引き続き市民のひとりひとりが節約した電気を集めて、仮想の発電所=節電所を作る「伊達な節電所」キャンペーンが開始します。
こちら、3000世帯が1割のエネルギーの節約を行うと、メガソーラー発電機が1基できるのと同じ効果があるのです。


このキャンペーン。節電したことがわかるように毎月、電力会社から届く「電気の使用量のお知らせ」をコピーするか、写真で撮ったものをeメールや郵送などをすると、様々なプレゼントがもらえるというものです。<<詳しくは「たまきさん」ね。


じゃあ。いったいどうやったら?無理なく電気を節約できるだろうか。
そのために今日は特別ゲストに来てもらっています。
さぁ!どうぞご入場下さい。


はい。ここで登場。
みやぎ・環境とくらしネットワーク(MELON)より岸さんと、昨年のキャンペーンで節電応援隊として活躍してもらいました「後藤さん」「岡崎さん」です。


電気の節約ですが、実際にご家庭の「どこで」電気が多く使われているかを把握することが、無理のない節約の第一歩となります。そこでこんな機械はどうでしょう?エコワットです。
このエコワットはコンセントと電気製品の間に挟むだけで、実際にどれだけの電気が使用されているかが表示される、優れものです。


実際にわが家でもエコワットを使って電気の使用量をチェックしてみたところ、一位エアコン、二位掃除機、三位が冷蔵庫という結果になりました。
ただ、そんななかでもゴーヤの緑のカーテンをベランダに設置することで、部屋の温度を下げることができました。さらに窓をあけると緑の新鮮な香りが部屋の中にも届いて癒しの効果もありましたね。


こちら、実際にマンションのベランダで育てたゴーヤだそうです。けっこう高くまで伸びるものですね。


さらにさらに、ご家庭のどの分野にエネルギーの無駄な消費があるかを、実際に相談員がお宅に訪問して診断する「うちエコ診断」なるものがあります。
こちらは今日ステージに上がってくださいました岸さんの「みやぎ・環境とくらしネットワーク(MELON)」で受付しています。無料ですぞ。無料。


ここで皆さまには節電クイズに参加してもらいましょう。賞品はさきほどのエコワット。ただし今日プレゼントできるのは3つなので、ちょっと難しい問題を用意したぞ。
クイズ1)冷蔵庫は、壁と隙間なくくっつけて設置した方が節電になる。○か×か。
「×」
正解〜。冷蔵庫は側面や背面から不要な熱を放出するから、壁から5〜10センチ離すと節電になるんですね。
冷蔵庫のてっぺんに物を置くときも、スノコなどを利用するといいんですよ。


続いてクイズ2)扇風機を使うときは、部屋の扉や窓は閉めた方がいい。○か×か。
「○」
ブブ〜。扇風機は風が当たることで体感温度を下げますが、風の通り道を作ってあげた方が涼しさを感じ易くなるんですね。
ちなみに冷蔵庫の前に凍らせたペットボトルなどを置くと、なお一層涼しさを感じるそうです。
では。。。間違ったからエコワットはもらえないの???いや、間違った人はエコワットを使ってなお一層節電に気をつけて欲しい。進呈。


そして最後のクイズ3)エアコンを使うときは「冷房」より「除湿」の方が節電になる。○か×か、こんどは△か?
え。。。なんか答えを示唆しているような。。。
「△」
正解〜。エアコンの除湿は「弱冷房式」と「再熱式」のふた通りがあるので、一概にどれが節電かを言えないそうです。
なので、ご自宅のエアコンの説明書を見て確認しましょう。


ということで、クイズの時間は終了。
今年の伊達な節電キャンペーンでは、去年も節電で頑張ったので「もうこれ以上節電できない!」という皆さまのために、皆さまの節電のノウハウを広めるための節電知恵袋。そして私、芭蕉の節電川柳のコーナーも用意されているので、ふるって応募してくだされ。


続いてステージに登場してくださるのは。シンプル&スローライフの会の柳沼さん。そして尚絅大学環境サークルFROGSの菅井さんと吉田さんも登場です。


私たち環境サークルFROGSは、昨年は学内の緑のカーテンの普及に努めました。
今年はさらに学生達の集うカフェテリアに緑のカーテンを設置し、ひろく学生に節電をアピールしたいと思います。


そしてさらに、本日は園芸のプロ。ダイシン幸町店から飯野殿と今野殿も参上じゃ。ダイシンと言えば小十郎の大好きなお店だと聞いておる。どうすれば見事な緑のカーテンを育てることができるかご教授願いたい。ヨロシク頼むぞ。


緑のカーテンと言えばゴーヤなどが思い起こされると思いますが、こちらは、飲料メーカーの開発しましたサンパラソルという、つる性で花の咲く品種です。育てやすく、花の発色が綺麗でとてもお勧めの品種です。


そして、つる性の植物でだけではなく、実も食べられるパッションフルーツなんかも、夏の強烈な太陽を和らげることができ、さらに美味しい果実が成るので二倍楽しめます。


こちら。和名が果物時計草というヤツじゃな。余もよく知っているぞ。甘い果実がなるのだ。


続いてプランターです。
プランターは出来るだけ深めのものを選んで、これぐらいの大きさでもあまり密集させずに3本ぐらいにしましょう。
つる性の植物は独占力が強いので、栄養をどんどん取ってしまうので適度な間隔が必要です。


さらに、土でも最近では小さなダマダマに加工された土がありまして、通気性が良く、根も張るので、育てやすくお勧めしています。


さらに、柳沼殿から、今日配布するゴーヤの苗の植え方を伝授してもらおうか。
ゴーヤは、指をV(ブイ)字にして人差し指と中指の間にツルを挟み、器を逆さにします。すると、プラスチックの容れ物から苗が外れて。。。ほら、もうこんなに根が張っている。


これを地面に掘った穴の中に入れてあげるのですが、まずは穴の中にも充分にお水を入れてあげましょう。


ゴーヤは、朝にお水。夕にお水。お水が大好きなのでプランターから滲み出す程にたっぷりとあげましょう。
そして、花が咲いたら追肥。実を大きくしたかったら、本葉5〜6枚のところで新芽を切っておくと、食べるのに具合のいい大きな実が収穫できます。


そして、ゴーヤのプランターは暑さが苦手。少しプランターの下にゲタを噛ませてあげましょう。。。。。お館様。そこまでしていただかなくとも。。。みな解りました。


では、本日の午前中に配布した整理券をお持ちの者達よ。皆さまにはせんだいE-Action実行委員会の会員から素敵なプレゼントがあるぞ。
見よ。緑のカーテン用のゴーヤと朝顔の苗が6ポット。緑のカーテンを育てるための「伝道書」。そしてE-Actionを広めていただく皆様に我らの願いを込めて、お米と仙台市水道局提供の水のペットボトルじゃ!その他オマケも入っているぞ~。


それでは、お待ちかねの配布の時間だ。
ささ。今年も節電ヨロシク頼むぞ。


苗を大きく育てて、仙台市環境Webサイトたまきさんに投稿するのじゃ。


植物を上手に育てるには、名前を付けてやると余計に可愛くなるぞ。
伝道書もついておる。これで立派に育ててくれ。


あら。芭蕉様。一句詠まれましたか。
「カーテンも 緑で増やす 伊達のエコ」
節電川柳の選定も、よろしくお願いしますね。


ヨシ。これで我が仙台城下も緑のカーテンで一色に染まるぞ。
いいか、節電の成功を誓って、勝ちどきをあげるぞ。我らの勝ちどきは三回じゃ。いくぞ!
「エイエイ、オー!」
「エイエイ、オー!」


「エイエイ、オー!」
ワ〜!!!
毎年のことながら、このキックオフイベントは力が入ります。
今年も夏の節電期間中は、打ち水に星空観測。沢山のイベントが続きます。
ヨシ!がんばるぞ〜。


ということで、本日のレポート。写真も都合50枚もあったんですよね〜。
ブログ書きも頑張ったぞ。お〜。
そして記念写真の時間。本日出演の企業メンバー。E〜Action!


はい。学生さんのコーナー。
イーアクション!


ながながレポートでした。これからの夏のあいだは、武将隊の活躍も増えるだろうなぁ〜。
では、皆さんドンドン投稿してね〜。よろしく〜!!!

カテゴリー: 取材, 省エネ, 日々の話, 環境, E-Action, イベント, たまきさんブログ | コメントする

6月21日にイベント「みんなで『せんだいE-Action』~省エネから始めよう!」が開催されるよ

毎年毎年、この時期になると思い出されるのは緑のカーテン。「あ!そろそろ用意しなくちゃ!」
はい。ついでと言ってはナンですが、せんだいE-Action実行委員会では今年も「伊達な節電所キャンペーン」を実施します。キャンペーンのキックオフとして、サンモール一番町「藤崎」前にてイベント「みんなで『せんだいE-Action』~省エネから始めよう!」を開催します。当日は「緑のカーテン用の苗(先着100名様)」や「節電グッズの紹介や展示」もありますよ。
また、当日は「奥州・仙台おもてなし集団 伊達武将隊」からも武将が参加するよ。
お楽しみに!


みんなで『せんだいE-Action』~省エネから始めよう!
日時  6月21日(土)正午~13時30分
会場  サンモール一番町商店街「藤崎」前(青葉区一番町3-2)

当日の概要——————————————————–

(1)伊藤副市長と実行委員会による「せんだいE-Action」実行委員会2014活動宣言

(2)せんだいE-Action推進武将隊任命式

(3)「ともに実践!省エネ・節電術講座」
  ①省エネを実現する節電グッズの活用術を、伊達な節電所応援隊※2の実体験に基づき紹介します。
  ②会場の参加者から節電クイズにお答えいただく方3名を伊達武将隊が選び、エコワット(家電製品の使用電力量を測る機器)を進呈します。
  ③LED照明などの展示と効果説明を行います。

(4)「増やそう!緑のカーテン育成講座」
  ①庭やベランダで上手に緑のカーテンを育成するコツとその節電効果について
(シンプル&スローライフの会、尚絅学院大学環境活動サークルFROGS、公益財団法人みやぎ・環境とくらし・ネットワーク)
  ②緑のカーテンに向くツル性植物の紹介や育て方(ダイシン幸町店)

(5)ゴーヤ苗などのプレゼント
①伊達武将隊から、「緑のカーテン伝道師※3応援セット」(ゴーヤなどの苗6ポット、伝道書(育成方法説明書)、アイリスオーヤマ生鮮米3合パックなど)を市民100名にプレゼントします。
②イベント会場で、「応援セット」の受け取りに必要な整理券を、11時30分から配布します。

カテゴリー: 告知, 環境, E-Action, イベント, たまきさんブログ | コメントする

電力ビルで開催の「エコ・フェス2014」へ行ってみよう!

なんだか変な天気が続きますね〜。ようやく春がやってきたと思ったら、この暑さ!北海道では35℃越えのところがあるとかで、熱中症が心配されているって。。。やっぱり気候っておかしくなってきているよね。
そして本日はチャリでやってきました市内の電力ビル。何をしにきたかというと〜?


おお!いきなりマカプゥのお出迎えです。
デカい!マカプゥは思ってたよりデカい!
そして何のイベントかというと。。。。




え〜と。手近な看板ないか?無いかないか。。。。あった。
東北電力グループ ふれあいイベント「エコ・フェス2014」〜W(わあっと)おどろく環境の世界をご案内〜
ということで、電力ビルの一階の東北電力グリーンプラザにて、土曜日まで環境のことを楽しく学べるイベントを開催しているのですね。


6月は環境月間。
東北電力の社員さんが「見て・聞いて・体験」できる電気と環境の展示物や講演会を開催しています・・・。なんだこいつ?
え〜。「ボクの名前はCO2(コニ)タン。僕の体はペットボトル143本で出来ていて、二酸化炭素の量にすると76.5リットルぶん。」へぇ〜。
「でも、きみのお家からは一日約5500リットルの二酸化炭素が出ている(!)から、毎日僕が72体も生まれていることになる」!!!!!
え〜〜!!!!こうやってみると、ビックリ!!!!
反省しています。


こちらの女性は何をしているのでしょう?
「これは、ご家庭で使われているエネルギーを電気に置き換えると、どの程度の家計の節約になるかを計算してくれるソフトです」


例えば、暖房に使っているエネルギーや調理のエネルギーを電気でまかなうと、こんな感じに節約になります。
ナルホドね〜。電気も使い方を選ぶことで節約できるのだなぁ。
ん?エコキュートが書いてあるぞ。


エコキュートはこちらです。
空気を圧縮すると、熱が出来るんですね。僕らは熱って考えると0度から上の温度を考えてしまいがちだけれど、本当は温度は分子が動かなくなっちゃう絶対零度(273.15度)から上で、すでに存在している訳。


それがこの模型。摂氏0度の冷媒(この場合は二酸化炭素ね)を、電気の力でギュ〜って圧縮すると、60度になってしまう。
この高圧の気体から、熱だけを交換機で取り出してあげると、アツアツの温風や、アツアツのお湯が作れたりする。
そして、役割の終わった空気は、圧縮を解いて膨張させると、氷点下10度まで下がっていますね。(さっき熱をとられたから)
氷点下10度まで下がったなら、外気温の方が高いから、また熱を外気から集めればいいわけ。


な〜んてことを説明しても「え〜圧縮しただけで熱くなるの〜?」なんて言われてしまうから、こんな実験モデルがある。
空気入れを使ってタンクを加圧すると〜。ほらサーモスタットカメラの色が変わった。
外気から熱を取り出すと、単純に電熱線で熱を作り出すエネルギーの1/6で、同じ熱量が作り出せるんだって。


さてさて。同じ体力つながりでこちらは何をしているかというと、ペダルを漕いで40ワットのエネルギーを作りましょう!というコーナーです。
ギュンギュン、ペダルを漕ぐと目の前のゲーム機が動くそうで。。。。僕もやったけど、けっこう大変。しかも無駄に60ワットも作っていたし。。。


ん?こちらは何だ??
こちらは日替わり特設イベントで、初日は整理収納アドバイザーの歌川えつこさんのトークショー「エコと整理収納のやさしい関係」です。

なかなか収納も出来るようでできないよなぁ〜。特に僕の机の上は書類が地層のようだ。やっぱり収納上手な人って、チョコチョコ片づけるから、時間も無駄にならないそうな。
こちらの特設コーナーはこれから日替わりでメニューが変わり。。。。あれれ?金曜日にはエコ家事の川村さんのコーナーもあるぞ。

エコ・フェス2014ホームページ>>>



こちらも、日替わりの体験コーナー。
本日(3日)開催は、エコたわしつくりです。


アクリルたわしで、洗剤を使わず洗い物で水周りも環境に優しくってことですね。


なんか。。。もうイベントイベントでお腹がいっぱいになってきたような。。。そんな時は、子供たちが考えたイラスト展示でどうでしょう?


宮城県内の小学生に配布されている「エコファミリーしんぶん」に応募されたイラストの展示です。
テーマは「いたらいいな 未来のエコ型ロボット」


二酸化炭素を吸い込んで、酸素を出すロボットだそうだ。ふ〜む。そうやって考えると植物ってのは文句も言わず、暑いとも言わないでせっせと光合成を続けている。偉い存在だなぁ〜。


ってことで、いろいろ見てきました電力ビルでのイベントでした。
当日会場で配布しているクイズラリーに回答すると、緑のカーテンロボットならぬ、緑のカーテンの苗(ゴーヤの苗)がプレゼントされます。
エコ・フェスタ2014は6月7日土曜日まで。最終日はマカプゥに加えて仙台・宮城観光PRキャラクター「むすびまる」も登場。午後3時からは「Honey Toco from Happy Toco JAZZコンサート」も開催されるよ。

カテゴリー: 取材, 役立つ話, 日々の話, 告知, イベント, たまきさんブログ | コメントする