月別アーカイブ: 2011年12月

東京への帰省には!?

18きっぷ
たまきさんは、もともと東京出身なので、みんなで帰省です。っといっても、たまきさんは、やり残した仕事があるので大晦日だけど、もうチョイ仙台で仕事。

東京へ出るのももちろん電車です〜。自動車で行くと、狭いところに押し込められるうえにCO2もたくさん出しちゃう。環境に悪いし、暖かい東京へ向かうと冬タイヤにも悪いですね。

だけどたまきさんちは、ひと味違います。東京に出るのに片道だけ「青春18きっぷ」を使うんです。(帰りは新幹線だよ!子供は新幹線が大好き!)

●青春18きっぷ<<もちろん18歳じゃなくても使えますよ。

このきっぷ、知ってる人は知っている普通列車(快速含む)なら一日乗り放題!
午前8時半に仙台を出ると、なんと午後3時には池袋に着いている。そして乗り換え回数も仙台駅からなら2〜3回。たまきさんは学生時代に上野から2日間かけて旭川まで行き、大雪山系を縦走したことがあります。

青春18きっぷは一枚で5人(もしくは5回)まで使えるんだけど、このきっぷの凄いところは余ったきっぷを某オークションサイトとかで、だいたい使った分の残りぐらいで売れてしまうんですよね〜。

なんで、東京への上京は家族全員で電車で行っても1万円かからない。しかも渋滞もないしお父さんは運転もしなくていいんですよ〜。たまきさんはいっつもず〜っと本を読んでます。まとまった読書時間をとれることって少ないですよね。
そして、そうやって浮かせたお金で、みんなで美味しいものを食べます。お金は賢く使って、ぐるぐる回さなきゃ!

では!
始まったばかりの「たまきさんサイト」にお付き合いいただき、ありがとうございました。
みなさん良いお年を!!

カテゴリー: 役立つ話, たまきさんブログ | コメントする

今年最後のトレーニング(たぶん)

今年最後のトレーニングたまきさんは、今年最後のトレーニングに出ました。だけど、今日はもの凄く寒い。

家のある苦竹周辺から西へ西へ、向かおうとしたところ、とんでもない向かい風に心が折れそうになる。。。ウー寒い。
そして強風のために、何をやっても時速25キロを超えることがない! これではほとんど丘を登り続けているのと一緒だ!

根白石から住吉台、葛岡まではヒルクライムが続く。。。もう今日は言葉もない。
道の脇を覗くと、そこには凍った川が。。。寒いよ。

葛岡への坂道サイクリストは、ときどき頭がおかしいのでは?って思いたくなる。我ながらです。
な〜んでこんな日に走っているのだろう?道の脇は凍っている

凍った泉ヶ岳街道から旧48号に出てくると、今度は追い風。とりわけ力を入れているわけではないのに、40キロで巡航〜。自転車の制限速度は自動車と一緒だから、今はちょうど制限速度で走っているわけだね〜。
っで、街に帰ってきました。
大崎八幡神社は、すっかりお正月の準備が整ってますね。

今日は全部で時速23キロ平均。ベストが30.6キロだから、トホホ。
だいたいこれが、たまきさんのトレーニングコースだよ。

そういえば、小鶴新田で自動車がぶつかるところを見ました〜。普段乗り馴れていない自動車を運転する時は、くれぐれも安全運転でお願いしま〜す。

 

大崎八幡

カテゴリー: 自転車, たまきさんブログ | コメントする

今日は鍋です〜。

たら鍋
今日のたまきさんちは、奥さんが朝市で塩鱈をいっぱい買ってきたので、たら鍋です。
お鍋はいいですよね〜。美味しいし部屋中があったまって、今でも体が芯からポカポカしてます。

鱈といえば、たまきさんは自転車レースでポルトガルに行ったけど、あの国は干ダラの食べ方が、ひと家庭に一種類づつだの全部で300種類だの、いやいや本当は1000種類だのと、野菜と煮たりスープにしたりご飯と一緒に炊いたり水で戻して炒めたりと、山のような食べ方があります。

リスボンの街中に埋もれるようにしてある小さな食堂とかでも、色んな食べ方が出来て楽しめたけど、ただ〜、英語が話せる人がほとんどいなくて。。。メニューを見て身振り手振りで、それはそれでまぁ、楽しめたけど。

ポルトガルのレストラン

ふらりと入ったレストラン。まったく英語が通じません。ポルトガル語では見当もつきません。だからオーダーは「頭の上でチョキチョキ。」「あ〜カニね。」万国共通な訳です。

 

 

カテゴリー: さもない話, たまきさんブログ | コメントする

お風呂掃除とケロリン

サイトの更新は見てもらえましたか〜?
たまきさんとシステム屋さんは、御用納めの今日一日、たまきさんサイトのインターフェース変更に励みました。 お陰でブログの記事が直接トップページで見えるようになりました〜。
本当はもうチョット仕込みたいネタもあったんだけど、さすがに今日は時間切れでした。残念。

っと、いうことで、システム屋さんは忘年会で夜の街へと消えて行き、たまきさんは、お家の風呂掃除をすることにしました。 <<大きな違いだブ〜 o(`ω´*)o

実はここしばらく、お風呂にカビが生えてきて、イヤだな〜とい思っていたんです。湯船につかっていても、ぜんぜん気持よくないですしね。
かつての、たまきさんは、お風呂掃除にカビキラーをたんまり使っていました。だって全然カビが落ちなかったんですよ〜。臭いがキツくて苦しくなってくるし、余ったカビキラーは垂れてきて、Tシャツの色が抜けるしで、大変でした。

そんなとき、とある引っ越し屋さんの新聞記事を読みました。
掃除のプロの方は、 何と先に石けんでよく掃除してから、カビキラーを使うそうな。そっちのほうが、薬剤がカビの根元にまでよく届いて、落ちが全然違うということなんです。たまきさん逆やっていた!

じゃぁってんで、たまきさんちも今までと順番を入れ換えて、朝のうちに石けんで洗って、夕方お風呂を沸かす前にカビキラーを使うようにしました。そしたらカビの落ちること落ちること。いままであんなにブーブー吹いていたのはいったい何だったんだ?ってぐらい良く落ちます。
結果的にカビキラーも節約できて、環境にもプラス。ゴミも出ない。皆さんも是非とも一回試してみるといいですよ〜。

っで、じゃあタイトルのケロリンは何なんだ?ってことですが、たまきさんちの洗面器は銭湯にあるのと同じケロリン洗面器です。
この洗面器は使っていると、だんだん黄色が抜けてきて、いい感じの落ち着いた黄色になるんですよ〜。もう4年もので、もうちょっとで、ケロリンの文字が霞んでくるかな?お気に入りです。
でもなんで?銭湯はケロリン洗面器なんだろう?
しかも肝心のケロリンは見たこともない。

ケロリン

4年もののケロリン洗面器

カテゴリー: 役立つ話, たまきさんブログ | コメントする

仙台の自転車事情<<昨日の続き

荒巻商店街の自転車走行帯駅裏の自転車走行帯
たまきさんは自転車が大好きなんで、ついつい自転車ネタでは長くなりがちです。
※ごめんなさい〜。

最近では仙台の街並ではずいぶんと自転車走行帯が増えてきました。自転車は車両の仲間なので、車道の左側を走るのが原則となっていますが、なかなかクルマがブンブン走っている脇を自転車で走るには勇気がいりますよね。
僕のようなタイヤの細いロードレーサーで走るのは、路面の凸凹が多くて歩道を走るなんてとてもできないので、こういった自転車走行専用帯がどんどん増えていくのは、とても嬉しいかぎりです。ただ。。。荒町商店街の自転車道ではけっこう問題になっているんですが、車道を逆走する人がかなりいます。自転車が正面から走ってくると、相対速度は40キロ前後になるので、とても恐いものです。そして大概の場合は、ちゃんと左側を走っている人が道を譲るパターンが多い。。。どうにかしたいですね。

仙台市は国道交通省の「環境的に持続可能な交通、EST(Environmentally Sustainable Transport)」のモデル地区になっているので、写真のような自転車専用道の整備や、駐輪場の整備。去年は無料自転車の貸出事業もありましたよね。先進的な取り組みが多く実施されていて、東京から比べると理想的な自転車環境なんですよ。

アムステルダムの様子自転車を停める場所が無い。。。さてさて。オマケは一昨年自転車レースの途中に立ち寄ったアムステルダム。さすがの自転車大国です。道幅充分な自転車専用道が街中を縦横に結んでいます。

ただ、やっぱりオランダの人も自転車の置き場所には困っているらしく、こんな光景も見かけました。駐輪場では仙台の勝ちですね。川に落っことすことって無いのかなぁ〜?

カテゴリー: 自転車, たまきさんブログ | コメントする

駐輪場の意外に知らない話

駐輪場

青葉通りの地下の駐輪場

こんにちは〜。
たまきさんは街中の用事を今日一日で一気にすましてしまえと、自転車で点々としてきました。

基本的にサイクルバックにパソコンやカメラや書類やら取材道具一式を担いで歩いているので、電車と歩きでは、チト不便。
しかも今日はお正月用の買い物(お酒、エヘヘ)にいきたかったんで、こんな時は、やっぱり自転車が便利です。

仙台に住み慣れると、こんなもんかなぁ〜って思うけど、仙台の街はとても自転車に優しいんですよ。
たまきさんは生まれが東京で、今でも時々帰るけど、東京ではチョットした買い物や、お昼を食べるだけでも自転車をチョコって停めておける場所が無くて大変です。駅前に駐輪場があったりするけど、たいがいは定期券を持った人用で、しかも利用するのに抽選式だったりして、仙台みたいに「今停めたい!」って時に、すぐに置くことができないんです。
仙台は市内にたくさんの駐輪場があって、駐車券も各施設共通で一日有効だったりするから、転々と停めて、安心して用事を済ますことができますよ。

駐輪場

仙台市の駐輪場の案内はこちらから

そして、これはあんまり知っている人がいないんだけど、仙台市は一定の面積を持つ商業施設は利用者のために駐輪場を設置することを条例で定めているんです。

でも、そのための駐輪場は一般的には目立たないことがおおいので。。。たまきさんはよく、ビルの管理人さんに聞きます!
「あの〜、このビルの●●さんのとこに行きたいんですけど〜、駐輪場はどこですか?」って聞くと、ほとんど教えてくれますよ。(置くボクも安心ですしね。)

附置義務駐輪場についてはこちらから

他にも仙台トラストタワーやアエルの中にも民間の駐輪場があったりと、探してみると色んなところで見つけることができますよ。

カテゴリー: 自転車, たまきさんブログ | コメントする

手打ちウドンと圧力鍋

圧力鍋

圧力鍋は省エネ!

たまきさんは20代の半ばに海外を1年間放浪していたことがあるので、けっこう料理が出来ます。そして今でもたまに思い立って、家族の食事を作ったりもします。

昨日はクリスマスで、なんだかこってりしたものをいっぱい食べたのと、今日は朝から冷え込んだので夕食に釜揚げうどんを作ることにしました。

作り方は九州でユースホステルの住み込みバイトをしていた時に、近所の料理の達人に教わった方法です。
レシピは、まぁ言ってしまえば簡単で、薄力粉と強力粉を半々に混ぜ、塩を適量に溶かした水を粉の46%ぐらい入ふりかけ水の偏ったダマダマをとる。あとはビニールに入れて、グルテンを切らないようにフミフミ。(Facebookにちょっと写真があります)7回ぐらい踏んでは返しをくり前します。あとは冷蔵庫に半日ぐらい寝かせておいて、生地が落ち着いたら延ばして刻むだけ。だけど煮る時間がう〜んとかかる。

かつては大きな鍋で煮て立てていました。
だけど、手打ち麺は密度が高いのか、なかなか茹であげられない。中〜強火で20〜30分煮ることもザラにありました。 それでも芯の方はな〜んとなく生煮えの部分が残ることもあり。。。。ところが、圧力鍋を買ってから、これが超カンタン。

沸騰するまで鍋を火にかけておいて、麺をお湯に踊らせたらフタをし加圧マークが出たら極弱火で7分。あっという間に芯までしっかり火が通ります。

うどん

我が家ではこの他にカレーにシチューに圧力鍋は大活躍しています。ちょっと管理がやっかいな時もあるけど、省エネに料理時間の短縮と、あまりあるオマケがつきますよ。

 

 

カテゴリー: 省エネ, たまきさんブログ | コメントする

図書館。これがすごい。

図書館へ行きました。

仙台の図書館はすごい。

今日は下の子と図書館へ行ってきました。

たまきさんは、とても本が好きです。
今日、読み終わって返却した本は、高野和明著の「ジェノサイド」。
今年の「このミステリーがすごい」とか「山田風太郎賞」とか並みいる賞を受賞し新聞や雑誌でも沢山取り上げられていますけど、たまきさんは夏頃のラジオで知りました。

たまきさんはインターネットでラジオをよく聞いています。ラジオの書評番組でクリエイターの大倉伸一郎と杏ちゃん(妖怪人間ベラです)がこの本を押していて、すぐに仙台市の図書館サイトにアクセスしました。図書館の本がインターネットで予約できること知ってました?

仙台市図書館

仙台市の図書館は、簡単な手続で個人認証用のパスワードを発行してもらえ、パソコンやスマートフォン、ケータイからデータベースにアクセスできるようになり、予約や貸出延長、貸出状況確認がカンタンに出来るようになります。たまきさんはラジオや新聞で見かけて興味を持つと、とりあえず予約を入れておいて、あとでしっかり内容を確認をします。ジェノサイドは今は290人以上の予約がありますね。。。さすが。

確かに全部の本を買っていたらお金がかかりますけど、それより蔵書がドンドン増えることの方が問題。書棚が一杯になれば、それだけ滅多に読まない本が増えて、部屋も狭くなる。結局ゴミも増えちゃうことになりますからね。

だけどたまきさんも気にいった本は必ず買うことにしています。図書館で借りたのに、やっぱり読みたい本は、本屋さんで買い直して、豪華本とかを、しっかり手元に置いています。

細かいことから省資源。こんな本でも樹を切り倒して紙にしていると思ったら、無駄にできませんね。

カテゴリー: 役立つ話, たまきさんブログ | コメントする

今日は事務所の徹底掃除

掃除中

今日は事務所の掃除です

今日は事務所の大掃除をしています。

この2週間のあいだ、締め切りに追われてほとんど事務机の掃除が出来なかった、たまきさん。かなり憂鬱でした。

皆さん何となくお気づきでしょうが、たまきさんは会社でホームページとか印刷物とか色々な媒体のデザインをしたり取材をしたりなんて仕事をしています。

片付かないと、何となく仕事もうまくいかないのはレイアウトも沢山の原稿を整頓することから始まるからなんです。掃除が出来ていないと頭の中にもゴミがたまってるみたいで、な〜んにも思いつかなくなるんですよね。

キャンペーンのポスターやパンフレットの試し刷りを、片面だけ刷ったものは裏面を下描きやメモ用に、両面使い終わった紙はリサイクルに別けました。これだけで机の上が何となく見えてきた〜。

事務所の天井から扉の上から電気のカサ、近くの窓枠まで、徹底的にハタキをかけたあと、床をホウキで掃きます。
皆さんやっていますか?ホウキでひと掃きしてからしてから掃除機をかけると、掃除機の使用時間が圧倒的に短くなって、壁際のごみなんかは、ムリヤリ吸うよりも簡単に終わるんですよ。

たまきさんの会社で使っているのは、充電式のハンディー兼用の小さな掃除機です。普通に使うと15分ぐらいしか動かないんだけど、先にほとんどのゴミを片付けているので、最後に吸い込むのは砂埃ぐらい。一番最後にダストポケットのゴミを捨てて、ハイおしまい。キレイになった仕事場で、また頑張っていい仕事をしましょう!

カテゴリー: 未分類, たまきさんブログ | コメントする

ゾウさんジョウロ、大活躍。

象さんジョウロ

震災の隠れたヒーローです ゾウさんジョウロ

たまきさんちでは、お風呂場にジョウロがあります。

このジョウロ、100円ショップでもよく売っている子供用の可愛いジョウロです。

たまきさんちでも震災直後から約1ヶ月の間、ガスが通じませんでした。その間はお風呂に入れず、お鍋にお湯を沸かして体を拭いてもスッキリせず、うう〜、この状態が何とかなんないか?と思ってました。そんなとき、たまきさんが、20年前にオーストラリアの砂漠を旅していて出会ったジョウロシャワーを思い出しました。

オーストラリアの内陸砂漠では水が何よりも貴重です。シャワーも出来るだけ節約して、タンクからジョウロで汲んで使っている地域があったんです。

さっそく庭に転がっていたチビのおもちゃのジョウロを持ってきて試すとビックリ!やかん一杯のお湯をバケツ半分の水に薄めただけで、充分に2人はシャワーを浴びられます。その日からこのゾウさんは我が家の風呂場の住人となりました。

普通にお風呂が使えるようになった今でも使っていますよ。なんせ家族全員が風呂桶から洗面器でお湯を汲んで体にかけると、2杯3杯で、みるみるお湯が減っていく。ところがゾウさんシャワーだと、全身を洗って、ついでに頭も洗っているのに、ひとり2ジョウロも流せば充分に泡が切れます。無駄に流さなければ、お風呂のお湯が減らないので足し湯も追い炊きも不要!なんて便利な道具なんでしょう〜。

もちろん、体を洗っていない時は風呂場のおもちゃとして、夏は庭先のプランターの水やりにと大活躍していますよ。

※ゾウさんシャワーはお湯満タンで洗面器2分の1杯分です。

カテゴリー: 省エネ, たまきさんブログ | コメントする