さもない話」カテゴリーアーカイブ

よいこはマネしちゃダメだよ!台風直前の八甲田山

このブログでたびたび取り上げてきた「ぶらぶら旅」最近してないなぁ〜ってんで、じゃ、久々の遠出をしようか!
綺麗な景色だねぇ〜。最近カメラ買い換えたから、これまた気持ちいいねぇ〜。遠くまで行くよ〜。せっかくの連休だから、お山に行こう〜。「え?台風??」


はい。台風前の朝焼け。こんな日に登るのか!?
いやいや意外に、台風前はドドっと強風が押し寄せる前で前線とかあっちこっち行っちゃってて、案外天気がもったりするんですよ。
でもマネしないでね〜。僕らは人工衛星からの雲の流れと1週間前からの天気図の先読みでココまできてます。
それこそ豊富な登山歴と毛の生えた心臓の賜物。しかもダメな時はさっさと中断するつもりだからね。


では旅の写真。
さてさて、これは十和田湖までの道中の写真ですな。
「玉川温泉?」なんか気になるから立ち寄ってみたんだけど、まぁ〜びっくり。


人が。遊歩道脇で寝てます。地面が暖かいのです。



湯温98℃ ph1.2
もう何が何だかわからないものが湧き出してます。
ヨセミテ公園のおんなじような池に年に1人ぐらい観光客が落ちるらしいけど、溶けてなくなっちゃうそうです。


ここら一帯、地熱でホカホカなんですね。僕も寝てみたら、あらら腰痛がすっかり良くなった。ここ玉川温泉は世界的にも珍しいラジウムを含んだ北投石が産出される場所で、微弱な放射線がまた良いとのこと。


でも立ち上がったらすぐに腰が痛くなる。知り合いの医者曰く「まぁ〜病気の症状の緩和ぐらいにはなるかな」だとのこと。とほほ。
でもここの温泉は、箱蒸しありの打たせ湯に寝湯に、温泉ワンダーランドでした。
ボクハキットマタイクダロウ。。。ビールモッテ。


さて、寄り道の話はほっといて。
八甲田山!朝焼けってことは、天気は良くなるはずがない。
しかも登山口で10メートル超えの風が吹いてる。大丈夫か?


台風ってやつは時計回りに回っているから、台風の目の右側は自転の助けもあって、風が強いんですよ。
そして台風は。。。日本海を北上中。ダメじゃん!


でもね〜。こんな感じで樹林帯の中を進んでいるうちは、大丈夫なんですよ。
ここ?なんか新たな火山活動の噴気口から出た硫化水素で、一帯が全部枯れちゃったそうな。
八甲田は生きている山なんですね〜。


おお!とっても綺麗な沢に出たぞ。
この沢も、崩れている。
麓の温泉でも判るとおりに、火山の山なんですな。事前チェックでは新田次郎「八甲田山死の彷徨」の印象強すぎて、なんにも頭に入りませんでした。


こんな日によく登るなぁ〜(お前もだろ)
深田久弥「日本百名山」の影響強すぎ。無理しない方がいいのになぁ。


お。早くも下山してきた人がいる
「も〜この先風が強すぎて。とにかく足下気をつけて!」
はい。そうですか。。。


稜線に出たら、霧だ。風強いぞ。


いきなり頂上かよ!
はい。写真撮る余裕なかったです。
風速30メートル近い風が吹き荒れていまして、周りには看板や柱にしがみついて歩く人も。
で、ボク?
なんせ仙台は強風の街なんで、冷静に風を避けながらヒョイヒョイって山頂広場を渡り終えました。
「みんな!危ないから僕たちのマネをしちゃいけないよ!後楽園ゆうえんちで僕と握手」
懐かしのヒーローもののCMですな。仙台の人知ってるのかな?


そんなこんなで危険な山頂広場をサッサとやり過ごし、下山開始〜。
反対側をよく知る人が「下山路は緩やかで歩きやすいですよ」って教えてくれたんだよね。
紅葉も始まってるし。確かに平和だなぁ〜。


そして、みてこの絶景。
真ん中の階段は、高低差100メートルぐらいを真っ直ぐ毛無岱湿原まで下るんだよ。


こ〜んな雄大な景色が、ホイってその辺にあるのが、東北の実力の高さなんだよな。
インバウンドもいいけど、有名にならないでほしいなぁ〜。


ってことで、あっという間に下山。でも台風に追っかけられてたからね。
僕らが下山した頃には、八甲田山は雲の流れの中にありました。大荒れだろうな。


さて。夜で〜す。
衛星からの情報だと深夜〜早朝に台風は青森を直撃するそうな。スマホのアプリには便利なものが多いよ。僕はウェザーニュースの天気図と台風情報、気象庁発表の高解像度降水ナウキャストをフル活用してます。
なので風向きを考え、直接風が当たらない十和田湖の半島の裏側にテントを張り、出してあった荷物はぜんぶ車の中。早々に避難です。


夜のあいだは、頭上の樹々がワサワサ揺れているのが聞こえました。時折テントもガサガサって揺れる。でも直撃は無し。危ないねぇ〜。
そして表が明るくなり、恐る々々テントのチャックを開けてみると。。。お〜穏やか。


これ。湖だから湖畔の側にテント張っているのだよ。川や海は水位が変化するからダメだよ〜。じゃぁ〜もっと森の奥に張ればいいじゃんって?それじゃ面白くないでしょ。


なんと台風の目の中。
目の前の雲は壁を作ってグルグル回ってます。
この直前に風が止んで、この直後に雨が降り出したんだよね〜。まさに教科書通りの展開。


ってことで、バカなことばっかりやってるけど、思いの外高度なキャンプでした。
テントをたたんで半島を出たら、強風で木々は倒れるほどにしなり、道路には折れた枝が散乱。近所から飛んできた看板やらゴミやら、もうしっちゃかめっちゃかでした。
「ナニコレ?」って??
とある町で売ってる、やたらとうまい団子だよ。帰りがけにヒョイって立ち寄った団子屋のラーメンがまたうまい。東北って不思議な土地だなぁ〜。ではまた!

カテゴリー: さもない話, アウトドア, たまきさんブログ | コメントする

「おもちゃ病院エコ@たまきさんサロン」を開催しました。

たまきさんサロンスタッフです。

9月10日(日)に「おもちゃ病院エコ@たまきさんサロン」を開催しました。

 

 

おもちゃ病院エコでは、受付でおもちゃの症状を説明していただきます。

製造年や通常の遊び方と故障状態などを聞きカルテ(診断申込書)を作ります。

 

「持ってきてくれてありがとう。遊べなくなったからといって捨ててしまうと「ごみ」になってしまうんだよ。」と、ドクターから一言!

カエルのおしゃべりする人形は、左手のストップスイッチを押しても、おしゃべりが止まりませんでした。

診断の結果は接触不良でしたが、カエルのお人形の手術をしてみると、スイッチに繋がる線が切れていました。

 

 

手術は大成功!

また、一緒に遊べるようになりました。

 

 

 

 

「おもちゃ病院エコ@たまきさんサロン」は奇数月の第2日曜日に定期開催しています。

次回は、11月12日(日)13:30~16:00(受付は15:30まで)です。

予約不要ですので、当日に壊れたおもちゃを持参し、たまきさんサロンへお越しください。

※部品交換が必要な場合は実費負担があります。

※おもちゃの持ち込みはお一人(ご家族でお越しの場合は一家族)2つまでです。

持ち込まれたおもちゃは、はじめに受付で症状を確認してから、ドクターが修理します。

皆さんのお越しをお待ちしております。

 

 

 

*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*

せんだい環境学習館 たまきさんサロン

平 日 10:00~20:30

土日祝 10:00~17:00

休館日 月曜(月曜が休日の場合は、その翌日)祝日の翌日・年末年始

*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*

カテゴリー: 未分類, さもない話, 日々の話, 告知, 環境, たまきさんブログ | コメントする

「おもちゃ病院エコ@たまきさんサロン」を開催しました。

たまきさんサロンスタッフです。

5月14日(日)に「おもちゃ病院エコ@たまきさんサロン」を開催しました。


 

 

 

 

 

入院していたおもちゃを引き取りに多くの方がサロンに来館され、おもちゃドクターに感謝の気持ちを伝え、直ったおもちゃを手に笑顔で帰られました。

おもちゃ病院エコには、毎回おもちゃの数だけドラマがあります!

どこかに壊れたおもちゃが眠っていませんか?

たまきさんサロンでは、おもちゃを直してもらっている間に読書やDVD鑑賞ができますので、ぜひご家族でお越しください。

 

「おもちゃ病院エコ@たまきさんサロン」は奇数月の第2日曜日に定期開催しています。

次回は、2017年7月9日(日)13:30~16:00(受付は15:30まで)です。

予約不要ですので、当日に壊れたおもちゃを持参し、たまきさんサロンへお越しください。

※部品交換が必要な場合は実費負担があります。

※おもちゃの持ち込みはお一人(ご家族でお越しの場合は一家族)2つまでです。

持ち込まれたおもちゃは、はじめに受付で症状を確認してから、ドクターが修理します。

壊れたおもちゃ以外に付属の部品や割れたかけらなどもお持ちください。

 

*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*

せんだい環境学習館 たまきさんサロン

平 日 10:00~20:30

土日祝 10:00~17:00

休館日 月曜(月曜が休日の場合は、その翌日)祝日の翌日・年末年始

※8月27日(日)は設備点検のため臨時休館いたします。

*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*

カテゴリー: 未分類, 役立つ話, さもない話, 日々の話, 告知, 環境, イベント, たまきさんブログ | コメントする

寒ぅ〜いねぇ。どんと祭だよ。今季最強の寒波来襲中だよ。

201714どんと祭01
寒いねぇ〜今季最強の寒波来襲中だってよ。なんとここ数年でも、いちばんの寒さだって。でもなんでこんな時に。。。先週の金曜はポカポカしてたよ。
なんせ今日は。。。どんと祭。凍死者が出るんでないか?


201714どんと祭02

なんせダウンジャケットを買ってからというもの寒さが超〜苦手になったボク。いいじゃん。オッサンだ。文句あるか。
ってことで、縮こまって今年は近場の榴岡天満宮へ。
なんかだんだん取材先が近くなってるなぁ。
お!さすが!!絵馬がいっぱい奉納されているぞ。


201714どんと祭03

遠くに灯があるぞぉ〜。未知との遭遇ではない。


201714どんと祭04

燃えてる燃えてる。
ここは暖かいなぁ〜動きたくない。


201714どんと祭05

では、去年の熊手を。投げる。


201714どんと祭06

え〜い!
びよよ〜ん。
写真のアングルが全部一緒だって?すみません。寒くて「ぎゃ〜死んでしまう」って家から出たら。。。替えレンズ全部忘れてきた。


201714どんと祭07

まぁいいか。この煙にあたると、風邪をひかないんだよ。
後日!よくよく思い出したら、去年は一回も病院に行ってなかった。健康最強伝説。


201714どんと祭08

そして帰りがけに、菅原道眞公のおみくじ引きました。そうしたら「大吉」全ての事柄が、万事OKだって。おみくじ最強伝説。


20170114どんと祭09

ありゃりゃ。忘れたレンズは仕事場の机の上に鎮座してるし。健康診断受けなさいと。。。道眞公に見破られてる。

カテゴリー: さもない話, 日々の話, たまきさんブログ | コメントする

旅ですな。電車でどこまでいったやら。

20150918モンゴル_02

電車でお出かけだよ〜。でも鉄っちゃんではない。運転席から外見て「凄げぇ〜。ビュンビュン走ってる!」って写真撮ってるわけではないです。イヤイヤそうやってプロの鉄道写真撮ってる後輩はいるけど。


20150918モンゴル_01

まぁね。今年はGWもお盆もず〜〜〜っと仕事してたからね。ちょっと休暇をとってお出かけです。
巨大なバックに「自行車」って書いてありますね〜。壊れ物はこれぐらい大書きしておくと、優しく取り扱ってくれるんですよ。
ちなみに自行車は中国語の自転車だよ。


20150918モンゴル_03

電車の窓から。。。翼!


20150918モンゴル_15

到着でーす。仙台空港です。
なんと仙台市街の中心から最短で17分で到着!この便利さはたまりません。


20150918モンゴル_14

実際のところ、家から仙石線の駅まで歩くのと、仙石線からアクセス鉄道に乗り換えるのが、最も大変だった。
国際空港がこんなに近いところにあるから、旅行代金も成田に行ってから出国するのと違って格安でした。仙台って密かに超便利な都市なんですよ。


20150918モンゴル_05

さてさて、飛行機ですね。
中華国際航空公司〜AirChinaです。北京経由で世界中のあらゆるところにネットワークを持っているので、格安でどこへでもいける!
便利だよなぁ〜。


20150918モンゴル_08

ブ〜ンと飛んで。


20150918モンゴル_06

いっかい上海につきます。さてさてこちらで、お役立ち情報♪
仙台発、北京経由で第三国へ飛び立つ場合には、通常のトランジットと違って中国への入国が必須です。なぜって仙台発北京行きの飛行機は、いったん上海に着陸して中国の国内線として運行されるからなんです。なので、一回飛行機から降りたら上海到着のバスと、このまま北京に向かう人のバスに分かれて「空港ロビーの出口で乗り換え用の搭乗券をもらう」「係員さんに(秘密のドアを抜けて)専用の通路から入国カウンターに案内」「入国審査」「セキュリティーチェック」「搭乗口に戻る」の段取りを行わないといけない。これが初回がわからないんだ。
ちなみに乗り換え時間は1時間しかないけど、さすがに乗り継ぎの搭乗券を受け取っていれば置いて行かれないから安心してね〜。


20150918モンゴル_07

はい。無事に北京に到着。青島ビール(6元)ですかい!
北京空港では元を持ってないと、なかなか買い物ができない。だけど一部のカフェでは日本円でも売ってくれるらしいよ。


20150918モンゴル_04

さて、また飛行機。
飛行機の中で読んでた本はジェイムズ・バラット著「人工知能〜人類最悪にして最後の発明〜」スティーブホーキンス博士も警告するAiを開発すると加速度的に知能が向上し、やがて人類と利害が相反するようになるとの本ですね〜。その一文
「たった1つ間違いがあっただけで、道に迷って外モンゴルに行ってしまうんだ」
「え!?」


20150918モンゴル_09

飛行機は着陸しました〜。遠くに煙突見たことのある場所。


20150918モンゴル_10

ウランバートル。モンゴル!
やってきました。1年ぶりですね。


20150918モンゴル_11

ここまで来て。。。IRISだって。ウランバートルのど真ん中にアイリスショップです。なんなのだろうな?こんど聞いてみよう。


20150918モンゴル_12
で、たまきライターは、モンゴルまでいったいナニをしに来たというかというと。自転車レースですね。この模様はそのうちどっかで見られるかも。


20150918モンゴル_13

ってことで、シルバーウィークも始まりますね。
仙台って超〜便利な街なんですよ。空港によく自動車で向かって乗り遅れた!なんて話がありますけど。電車で向かえばガソリン使わず駐車場代使わず。荷物は少し持って歩くけど安心して旅ができますよ。ってことで、ラクダにも会いました。みんなも楽して旅しようね〜。

カテゴリー: 役立つ話, さもない話, 日々の話, たまきさんブログ | コメントする

《超お得》新しい環境配慮型の自動車保険の話しだよ。

20150128保険01
僕の自動車、たまきさんモービルはもちろん保険に入ってますよ。超〜安いインターネット限定の保険だけどね。そんでいまは20等級だから限りなく安くなってて、もうこれ以上は値段が下がらないなぁ〜なんて考えてたら(どんだけケチなんだ)、年末ギリギリにちょっと面白いプランを見つけまして、ちょっと申し込んでみました。
某損保会社(画像見りゃわかるって?)の「やさしい運転キャッシュバック」ってな商品でして、急加速とか急ブレーキとか「急」がつかない運転者には保険料を安くしましょうというもので、保険代金をキャッシュバックしてくれるそうです。
「え〜そんな保険あるの!?」まだない。2月中旬から正式に受け付け開始だって。でもトライアル期間で自分の運転を判定してくれるというので、申し込んでみました。
どうやって「やさしい運転か?」を確認するのかは、こんなセンサーを車に取り付けるんですね。


20150124トンガリ山01
急ブレーキと急ブレーキをしない運転。これってエコドライブですよね。損保会社もエコドライブが事故率を低くするポイントって気がついてくれたんだなぁ。
ってんで、センサーくっつけて、つねに「ふんわりアクセル」を心がけて、自転車レースに行く。山に行く。買い物は???僕は買い物は自転車で〜す。まぁ〜自動車は年間7000キロぐらいしか乗らないんだけどね。


20150128保険03

まぁ、そんなこんなで計測した結果がコレ。試用期間は30日なんだけど、実際は80日間の計測をするそうです。
スムーズ運転の成績は84かぁ〜。あとの数字はよくわからん。


20150128保険02

で、封筒に入れて送り返しましたら。


20150128保険04

そして待つこと10日ほどで返事が来ました。
ドライブカウンタの成績。。。84点。ってことは割引率が〜15%!
やった!やった!僕んちの保険は毎年3.5万円ぐらいだから、5000円も割引〜!!!
なに?金のことしか見てないって?


20150128保険05
他にも色々とお知らせがありましたよ。
急アクセルの傾向で、ま、ほとんど無かったみたいだけど、火曜日と日曜日が多いですよと教えてくれている。
んん??ボク、火曜日は自動車に乗らないし、山登りに行くのはだいたい土曜日。わかった!犯人はピ〜さんだ!!
ま、あんまり文句言うと家庭不和になるんで。
このトライアルは、2月中旬以降にまた再開するみたいだなよ。自分の運転を確認する意味でも、トライアルを受けてみる価値があるかもね。

20150128保険06

他にも急ブレーキの傾向も分析するんだけど、こちらは一回も無かったんで参考にならず。
ってことで、ちょい面白い自動車保険の紹介でした。

カテゴリー: 省エネ, 役立つ話, さもない話, 日々の話, 環境, たまきさんブログ | コメントする

買い物奇譚2 リュックを買うお金を捻出しよう!

20141121買い物奇譚弐013え〜僕には決して近寄らないようにしている場所がありまして、普段近くを通るときも、ちょっと隣の路地を歩いたり、自転車だったら遠回りをしたりして、出来るかぎり見えないようにしている場所。。。正確に言うと店舗があります。
なんせ、そこの恐ろしさといったら、僕のお財布から掃除機のような強烈な吸引力でお金をギューって吸い込んで行ってしまうのです。なので、ここに行くのは年に2回あるかなぁ〜。常に警戒を怠らないようにしていたはずなのに。。。。モンゴルから帰った数日後に「ま、いいか」ってんで、ぶらりと入ってしまったんです。そう。恐怖の館に。。。



恐怖の館の地図>>

20141121買い物奇譚弐012ここの製品は、ウエアはいいけどザックに関しては僕の評価が低かったんですよね〜。だから油断していた。。。なんと新作で、今まで見たこともないような雨蓋の作りをしているザックを発見。色も僕好みだ。いやいや!これは絶対使いやすそうだ。
第一、作りが超〜簡素で、超〜軽量。なのになんだこの収納力は!ピッケルも簡単に収納できて、両側のスリングにはスノシューも簡単に取り付け可能だ!だのに雨蓋構造が自由だから、脱いだウェアだってアイゼンだって挟んで置ける。ずばりここ数年こういうリュックを探していた。なんだこの革新的なリュックは!

まぁ〜僕も、人の自分の含めて、散々山用品使ってきたけど、これには驚いた。ここ数年探してきた(しかも流行りの)超軽量リュックの流れを汲みつつ、さらに先を行くような製品でした。ってんで、それからというものリュックのことが忘れられない。だいたいどうやったら買えるんだ?18600円もするリュックを。。。だいたい思いつきで欲しくなるのはいい兆候じゃないぞ。ここは慎重に、慎重に考えてだな。。。。うう。。あのリュックは出来がいい。。。悩んだ悩んだ。そして山仲間と飲んでた(もちろん酒)時に「やっぱオレ買う」宣言をしたのが1か月後。フツーはそれではだいぶ遅いらしい。
でもどうやって買う?ムダ使いはせんぞ。

そこで思いついたのは「使ったことにする貯金」
知ってます?財布を開けてお金を払おうとした時に、いちいち立ち止まって考え直して、使わなかったら貯金する。これが意外にスンナリ貯まってくんだよね。仕事で使う道具も貯金。昼飯も帰って食べたから貯金。。。。だけどなんか。。。どんどん切なくなってきた。貧乏は仕方がないが、ビンボ臭いのはダメだ!



20141102_シクロ2-3戦33そこでですね。妙案が急展開。
たまきさんモービル3号を作ったじゃないですか。その時に取り外した余った部品が部屋にあったなぁ〜。ニヤリ。
そういえば。。。昨年のマウンテンバイクレースでもらった賞品があったなぁ〜。ニヤリ。
あ!そういえば、使うからって頼まれて買った機械があったなぁ〜。ニヤリ。

あれとこれとこれ。売るか!



20141121買い物奇譚弐011
さぁ〜仕事のあいまに写真を撮って、綺麗に見えるようにチョコチョコ準備です。
売るのは、まぁ〜みなさんご存知だろうけどインターネット上の某オークション。新品でも中古品でも、個人でものを売却しようとすると、どうしても買い取り店持ち込みが主体になって、金額も手数料とか考えると、あんまり有利とは言えないんだよね。

20141121買い物奇譚弐014
その点オークションだと、自分の売りたい値段の最低の金額さえ設定すれば、あとは欲しい人が自由に値段をつけてくれる。手数料も売却価格の5%だから、ほとんどが自分の手元に来るわけだしね。ってことで、丁寧に説明文と写真を掲載していきます。この説明文が大切なんだよね。あんまり書きすぎてうるさくないように、それでいて「ちょっといい品」に見えるように正直に記載しておきます。

あとは。ね。僕の商品を見た人が興味を持ってくれて、入札してくれるのを待つだけ。この時間(だいたい一週間ぐらい)が、一番楽しみだけど心配でもある。売れるのかなぁ。
ところが!今回は出足が良いんですよね。僕の自転車部品とか、ちょいちょい入札が増えていくよ!

20130128泉ヶ岳06なんだか入札が順調だから、この調子だと無事に新リュックが買えることが確定。だったら、使わなくなる古いリュックも売っちゃっていいんでないかい?



20141121買い物奇譚弐08
このリュックね〜。僕が大学卒業して社会人になってすぐの時に、高田の馬場の山用品店でポンコツ市やってて、大喜びで買ってきた思い入れのある逸品。それから20うん年。どんだけ物持ちいいんだ!
へっへ〜それでも綺麗にして売ってやる。

そうしたら。。。なんか色味と古さが「気に入った!」って人が現れて、是非ともたっても3500円で売って欲しいって。
そりゃあモチロン!大喜びで決めてしまいました。「どーぞ、どーぞ、買ってやってください」
でもね〜流石に長いこと使ってきたリュックだから。。。20年以上使ったリュックだし。。。少々送り出す時は悲しかったけど、ええい!新オーナーの元に行ってこい。

な〜んてことをやっていたら、いつの間にか出品期間が終わりに近づいて、次々に落札されていく商品。落札金額がメールで届くんですよね。



20141121買い物奇譚弐06壊れたホイール。1円。
レース用では壊れているけど、実用品としてはまだ健在。普通のホイールとしては優秀な品なんだよ。
「ま。捨てる手間を考えたら使ってくれる人がいて良かったか〜♫」


20141121買い物奇譚弐04
部屋に転がっていた自転車レースの賞品のジャージ。ビール一本240円から始めたら。。。2700円チャリ〜ン「え?」



20141121買い物奇譚弐05同じくレースの賞品でもらってきた、シートにつけるサドルバック。
僕は使わないから、長いこと家の窓辺に置いてあった。
チャリーン。3200円「え・え??」


20141121買い物奇譚弐09
山用に11000円で買ったけど、結局テストしただけで使わなかった機械が、11000円「え?え?え?」


20141121買い物奇譚弐03

20141121買い物奇譚弐02

部分的に、チビっと欠けていた自転車のシフトレバー。同じくセットのリアの変速器とふたつ合わせて22450円。「え〜〜〜!」


⭐︎★⭐︎★⭐︎★⭐︎★⭐︎★⭐︎★⭐︎★⭐︎
ジャラジャラジャラ〜。
合計42851円也
⭐︎★⭐︎★⭐︎★⭐︎★⭐︎★⭐︎★⭐︎★⭐︎


20141121買い物奇譚弐01
どうすんだ!18600円で買おうとしていたリュックが。。。手数料抜いても収益が出てしまった。
こりゃ〜えらいことになった、えらいことになったと狼狽してしまい。とりあえずリュックは買ってきたけどまだ余る。使わなかった機械はそのまま貯金に返したけどまだ余る。。。これじゃ目的を通り越してしまった!
これ、新リュックを買って大喜びの図



20141121買い物奇譚弐010
ってんで、お金は天下の回りものだよ。余ったのも凄い金額ではなかったんで、そのままエボラ出血熱の支援で募金へ〜。これでちょうど良かったんでないの?っていう、リュックを買おうとしたら、どういうわけか国際貢献を買ってしまった買い物奇譚(2)でした。

カテゴリー: さもない話, 日々の話, たまきさんブログ | コメントする

ほ~らヤッホロホイのホイ〜大朝日岳(11月の初旬だよ〜)

いきなりのタイトルは何でしょ〜?
ガチャピンムックの歌ポンキッキ30周年アルバムの最後、チビミミナガバンディクートですね。
そんなのどうでもいいって?いやいや。山登りに行く時は、それぐらい上がるんですよ。
ほら登るよヤッホロホイのホイ〜。


こちら。大朝日岳の日帰りコース登山口としてはメジャーな古寺鉱泉です。猫だ〜!


だのに。。。。う〜いきなりコースミス。
なんだか「変だなぁ〜??」って谷沿いに入っちゃって、泥沼に片足落とすの図。
あとで「何でこんなデカい看板見落としたんだろ?」ってとこを入り込んでました。
チョイ沈む。


でもこの紅葉!(11月初旬です)
また浮上だね。


視界全体がキラキラしています。+20ポイント
左足はグチャグチャしてます。−5ポイント


稜線に出たよ。
お〜!!!!凄い青空。
今日は低気圧が遠ざかっているので、晴れの可能性高いな〜って思ってたけど。


一個目の山頂が見えてきましたね。
朝日〜飯豊山麓は、一気に登って稜線散歩が多いね。


あの。。。。遠くに見えるのは。。。。蔵王?
この凄まじい透明感。昨日は雨が降ったからね。


途中であったおじいちゃん。
「昨夜は雪が降ったから、あわてて戻ってまた、やってきたんじゃ。」
リベンジ。いや通勤ですか!


はい。一個目の古寺山です。
でもね〜。その向こうの大朝日岳が気になる。


もう。感無量でございます。


こんなに気持良い日があるから、また山に来てしまう。


大朝日岳が近づいてきたよ


そして、崖崖。
最近はクライミングにも手を出し始めたので、気になるニャ〜。


あれは。以東岳に続く、朝日連峰の縦走路だ!
仕事がなければアチラに行きたいところだが。。。


ますます近づく。大朝日岳は、冬の蔵王から(晴れれば)よく見えるんだよなぁ〜。
真っ白な格好のいい三角の山です。



そして山頂。
そこには黄昏れている青年が。いやいや。この景色は魅入ってしまうよ。でも。。。。寒い!
本当に山頂は風が冷たい。撤退だぁ〜!



でもね。もの凄い眺望でしょ。あっちは飯豊山塊だよ。また登りたいなぁ〜。



もう。山には雪が着いている。11月初旬で雪です。この寒気を警戒しないと、簡単に凍死してしまうんですよね。



さ。帰りますか。
山頂の右肩に、小さな点があるでしょう。あれは避難小屋です。
避難小屋と言っても、立派な建物なので宿泊も出来るんですよ。
昨夜泊まった人達は、寒い寒いと言ってましたが。



そして。あれれ!!!
小朝日岳からは、少し回り道をしたんで急いだんですよね。
写真全然撮ってないじゃん!
これは、古寺鉱泉の東側の峰の上にあった池です。これだけしか撮ってない。でもね〜。今日はとんでもなく天気がよかった。
ほ〜んと。こんな日があるから、また山に登ってしまう。

カテゴリー: さもない話, 日々の話, アウトドア, たまきさんブログ | コメントする

18きっぷって、青春はいつまでなのだろう?

お盆直前ですね。
この週末は、ちょこっと所用がありまして、東京へ向かうこととなりました。だけど生来のひねくれもので、まともな方法で旅をするのが嫌いな僕。う〜ん、どうやったら安く楽しく旅ができるだろうか?
バスは安いけど、今は確かお盆の帰省ラッシュの直前、高速が渋滞したらシャレにならん。。。だれだよ10日に用事を作ったやつは。
う〜ん。。。。そうだ!青春18きっぷなら電車は定時運行だし、座って旅ができるし、何より安い。よしこれで行こう!っとなりました。


青春18きっぷ。知ってます?
発売期間は春夏正月と限定されていますが、JRの在来線なら5日間、もしくは5人グループで一回とか、利用方法は自由に設定できて各駅停車や快速電車に限って一日乗り放題になるきっぷです。
これ、青春って名前についているけど年齢も関係なし。
期間中なら連続した5日間でもなくていい。
僕はこのきっぷで東京から北海道の大雪山に登りに行って、帰ってきても一日分残っていたことがありました。
(今は18きっぷでは青函連絡船に乗れないので、この長旅は実現できません。)

ということで、東京へ向けて出発です。
9時40分発の仙石線、上り線、仙台方面行き〜。


そして仙台駅。。。。の写真が撮れなかった。
何でって、仙台駅の乗り換え時間はたったの10分。
そして仙石線のホームは遥か地下にあり、東北本線上り線は。。。。あ〜大変だ。
とんで行ったらもう、出発のチャイムが鳴っていました。
10時2分発 白石行き、各駅停車に飛び込み、思わず
「あぶねぇ〜」
って声をあげてしまいました。

乗り継ぎにもっと余裕をもたせれば良かったのに〜って思うでしょ。
コレには理由があるので、後ほど。


電車の中では、昔はみんな本を読んだり居眠りをしたり。ほんとうに時間を持て余してました。
だけど最近はみんなスマホですね。
僕も乗り換え案内ソフトを使って、突然途中下車をしてみたり、けっこう自由自在に旅してます。

っと、言ってるあいだに白石駅に付きましたね〜。
10時51分着。


10時55分発、福島行きです。
乗り換え時間は4分。この短い間にも、飲物だけは自販機で買いました。


駅員さんはベビーカーを運んでいます。なんでだろう?
となりの線路は東北本線の貨物用の線路なのですね。


電車の中では、僕は本を読んでいることが多いです。
いつもの暮らしの中では、読書はもっぱら仕事が終わってからの深夜の時間帯が多い。
でも、たまには日中思いっきり根を詰めて読みたい時もあるんですよね。旅はそんな時にはちょうど良いのだ。ゴソゴソ。。。あ!読みたい本と間違って、コレ持ってきちゃった!


列車の旅に、藤沢周平かよ。
まぁ〜みちのく海坂藩から脱藩したり、藩主の命で江戸屋敷に出向く下級武士の話の多い周平だから、まぁいいっちゃいいけど。。。

はい。福島駅でござる。
11時29分着。

接続のいい電車は、だいたい向かい側に次の電車が待っていたりします。
じゃぁそのまま走っちゃえばいいのに〜って思いたいところですが、お客さんがだんだんと減っていくので、車両編成が短くなっているんですよ。
11時34分、郡山行き。


電車の中では、みんなスマホだなぁ。
僕は職業柄、液晶見ている時間が多いから、こんな時はデジタル機器は最小限に。

お腹が空いてきたなぁ。
そろそろ今朝、あわてて電車に乗った解説を。


仙台から東京方面に各駅停車で出かけるとすると、乗り継ぎの良い列車を選ぶと乗り換え時間が5分とか10分でテンポよく旅ができます。
だいたいそんな都合の良い乗り継ぎ方法は一日に4〜5本はある。だけど、それだとご飯を食べるのに苦労するんです。
そして乗り継ぎで、一番のネックになる場所がありまして、それが郡山〜黒磯間です。
この区間は、白河から那須高原に向かう東北の大動脈とはいえローカル線並の乗客数なので、電車の本数が極端に少ないんです。
なので、黒磯を上手に越えることができれば、あとは本数に余裕があるので途中下車したり、次の電車まで遊んでいたりなんてことができます。

そこで僕は考えた。
「そうだ。一本早い電車に乗って、郡山でのんびりご飯を食べよう。」



12時22分着。
そして、やってきました郡山駅前。
ここは以前にシクロクロスのフレーム買いにきた時も立ち寄ったなぁ〜。
あの時は駆け足で抜けてしまったけど、今日は散策をしよう。
次の電車は13時20分発。どうせご飯を食べるなら、駅ビルの中ではなく、駅の外に。。。


そうしたら見事なシャッター通りでした。
駅ビルの中には全国展開のテナントがたくさん入ってましたが、一歩アーケードに踏み込むと、何ともなぁ〜。
これは地方経済の疲弊とか、わかり易い簡単な言葉で問題の本質を決めてしまってはいけないような気がする。


なんて思いながら、歩く人も少ないアーケードを、何かを探してブラブラしていると。。。
「ん??」


遠くに見えた、水色の冷やしラーメンの昇りは隣りの黄色い看板と一緒の店と思い込み、恐る恐る脇道を覗きにいった先にあったのが、大正14年創業の、このラーメン屋。
これから東京に向かうのに、名前が「あさくさ」かよ。


ところがこの店、ベラボウに美味しいラーメン屋さんでした。
大鍋で仕込んだダシをベースに、丁寧に野菜を炒めて旨味を出して、赤みそで味付けしてくれるんです。
シコシコの太麺も手打ち風。ランチサービスのトッピングは食感もおいしいメンマにしました。
なかなか店内は繁盛していて、大変に美味しかったです。ただ。。。。店を見つけたのが残り35分。ラーメンが出てくるまで15分。途中下車の旅人にはドキドキものの美味しさでした。


ちなみに東京弁のベラボウって、何のことか解ります?
ベラボウのベラは、元々はご飯のしゃもじのヘラ棒のことです。
そしてご飯をつぶすヘラ棒は、ご飯をつぶすから「穀潰し(ごくつぶし)」
ということで、ベラボウっというのは穀潰しから生まれた『とんでもない』っという意味の関東言葉でした。

13時20分発。
たった2両編成の黒磯行き。出発です。


電車の中では、相変わらずの読書三昧。
藤沢周平の登場人物は、ほとんどが下級武士なので、食べ物は総じて貧しい。
だいたい、おひつには半分もお米が入っていればいい方で、剣の腕前は超絶なのに、どこか飄々とした主人公が多いのも特徴です。
コレが池波正太郎あたりだと、食もうなぎとか懐石とか豪勢だから、電車の旅じゃお腹が空いてしょうがない。

お。14時23分黒磯到着です。
このあたりからは、18きっぷ旅行者もグンと増えてくるので電車の乗り換えも大荷物を持った人が多い。


民族移動のようです。
黒磯駅から南へはホームが変わるから、必ず階段を上って隣りに出なければいけないんです。
なんでだろう?


14時39分発。宇都宮行きです。
今まで仙台から乗客が減っていく一方だったので列車の編成も短くなる一方でした。
だけど徐々に大都会東京に近づくので、コレからは列車の編成がまた長くなります。


15時30分宇都宮着。
ここから以前は東京に出るのに各駅停車の上野行きを利用していました。
コレがまた長かったんですよ。ついでに赤羽か大宮乗り換えもあってメンドクサカッタ。
ところが!最近は湘南新宿ライナーなんて良い乗り物ができまして、宇都宮発〜池袋〜新宿経由の逗子行きなんて快速電車がバンバン走っているんです。
栃木発の神奈川相模湾行きですよ。信じられないですよね〜。
15時34分発。もうあとちょっとで東京です。


あいだの写真は無いのかって?
もうこの辺ではヘロヘロだったんでしょうね。ぜんぜん撮ってないや。ってことで、あっという間に池袋に着きました。
17時7分池袋着で、昼食も挟んでほぼ7時間の旅でした。


同じ東北本線を走る電車なのに、ここではず〜〜〜〜〜〜っと先まで電車がつながっています。
いったい何両編成なのでしょうか?


湘南新宿ライナーは、このままさらに南へ。
さようなら〜。


僕はいい加減にカフェインを摂りたいからドトールへ。
ここで読む本も代わってサンテクジュペリの夜間飛行です。
この本は、15年ほど前に一回読んだんですが今イチ理解に苦しんだ。飛行機乗りの本というよりは、どちらかというと地上で危険な夜間飛行を管理する男を軸とした物語なんですよね。
でも年をとって僕も色々なプロジェクトをこなしてくうちに。。。わかるなぁ〜この渋さが。

ちなみに訳者の堀口大學の若い頃を文学仕立てで紹介した、矢作俊彦の「悲劇週間」は、青春の何とも言葉に出来ないほろ苦さを表現した、なかなか読み応えのある少しいい本ですよ。
ついでのついでに、この本の表紙の絵は、飛行機が得意な宮崎駿です。



さて。実家のある練馬区へ。
ここの建物は、元はラーメン屋だったんだけど、改装してナンのお店なのだろう?
雑貨もしくはセレクトショップに生まれ変わってた。


うわ〜。レギュラーガソリン162円だって。。。


この狭い東京にやってくると。労役にたずさわらない自動車は、もう歩行者への暴力にしか思えなくなってくる。
こんなに渋滞しているのも、いつものことなんだって。。。。


ということで、東京に何をしにきたかって言うと、大学の同窓会だったんですよ。
たぶん僕が一番遠方からの参加者。新幹線でビューんってやってきても良いですけど、やっぱり移動も楽しんで、いつもと違う時間を楽しめることも大切ですね。
ま。滞在中はついでに写真展見に行ったり、滅多に会えない友人に会いに行ったりと、結構忙しかったですけど。

そして本編の主役18きっぷは往復2枚を使って、まだ3枚も残っている。

カテゴリー: 役立つ話, さもない話, 日々の話, たまきさんブログ | コメントする

雑読がつながる線

世の中的にはゴールデンウィークなのです。だけど。。。GWだけど、どうやら今年はやることがいっぱいあるようなので、何もないかな?何もしないなら、日々のことでもブログに追加しておこうかな?お!ちょうどこの2日の間に本を2册立て続けに読み終わった。でもこの2册はまったく環境とはカンケーないですね〜。ところが全く関係ない本でも、これだけ読むと何かしら繋がりが見えてくるから不思議。なので今日は(祝)ゴールデンウィーク、休日出勤@カンケーない2册の書評スペシャルです。

では、まず一冊目。話は変わってカンケーないけど、この春休みに実家の東京に遊びに行ったんですよね。そしてすることは無し。どうせ近所をブラブラしているなら、埼玉の航空公園に行ってみよう〜と、出かけてみたところ、小学校2年生以来の入間の航空博物館は驚くほどに展示物が充実してました。
建物の外壁に沿ってブラブラ歩いていたら、なんだか野太い空冷エンジンの始動音が響きまして、「ズガガガッ!ブルンブルン!!ババババッババッバババババッッババッバババ〜〜〜〜」っと、「お〜これはハーレーより遥かに野太いし、2気筒や4気筒の音ではないな〜なんだこれ?」なんと、アメリカの博物館に保存されていた零戦が日本の近代航空発祥の地の入間に運ばれてきてまして、半年の展示期間のあいだの、この2日の記念式典の間だけエンジンを始動していたのでした。

またもやこのパターン。僕はいつもギリギリのタイミングで、今でしか見られないとか乗れないとか食べられないものに出会うことが多く、たまたま航空公園へやってきて、零戦のエンジン始動に立ち会ってしまったのでした。(かつて。。。ポルトガルの裏路地を歩いていて、ローマ法王のパレードに出会ったこともありましたっけ。。。)

航空公園の零戦エンジン始動>>

ということで、偶然にも立ち会ってしまった零戦。当時の航空技術の最先端の零戦も前から気になる存在で、特に日本には長い大戦を戦った敏腕パイロットが多いということ。そのパイロットの著した本で、以前から気になっていたものがあったなぁ〜と思い至り、やっと読んだのが坂井三郎著「坂井三郎 空戦記録」だったという訳でした。

そして休日らしい、環境には関係ない書評となる訳ですが、今、この平和な時代に於いては不思議に思えることがまっ先に出てきます。海軍の士官の心理ですね。
海軍の士官というのは、とくに飛行機乗りというものは軍に所属した時点で既に生死が自分の意思では決められないことを悟ってしまっているのです。攻撃に出て、落とされてしまうとそのまま遺体も何も残らない。刹那的とはちょっと違った、戦いの中に日常を淡々とおいた兵士の暮らしが、時代の移り変わりとともに書かれています。
日本は日華事変を過ぎ、太平洋戦争にまで時代が進むと、南洋の島を次々と占領下に起きながら圧勝を続ける。。。。のは、零戦の性能が他国より優れていた初期のころだけ。
次第に戦力が拮抗してくると軍の中枢は現実には向き合わず、闘いの潮目が変わった後も、後退をじりじりと強いられているのに変わろうとはしない。前線と内地との意識の差に現場は翻弄され、。。。その中で起きるのは、悲劇的な人員不足と機材不足であり、日本軍は消耗戦へと突き進むのでした。。。
ついでに書くと、何となく僕に繋がりがあったりするのは、ただいま齢90になる父だったりします。まぁ〜戦争には行ったけれど前線には立たず。所属は「空戦記録」の終盤にも出てくる「電探」という当時の最新兵器でして、今で言うレーダーのオペレータでした。
電探は当時の日本海軍の最高機密&最新兵器だったので、夜間に電探部屋にノックもなく入ってきた上官を、振り向き様に殴り倒してもオトガメ無しだったそうです。〜もちろん誰が入ってきたかは。。。部隊の嫌われ者の上官だったそうで〜。ひねくれ者の性格は、父譲りなのだなぁ〜と。新しい機器も好きですしね。

さてさて、そんな僕が零戦と同時に読んでいたのは、ラジオで聴きつけて読み始めた、森川すいめい著「漂流老人ホームレス社会」
日本の、平成もまだ序盤の頃に池袋でホームレスに夜ごとに声をかける運動をしていた著者が、それから10年あまりのホームレス支援活動から見えてきた、日本の福祉問題(改善の変遷も含めて)を著したものです。

さてさて。。。ちょっと書くのが難しい話題ですね。
僕は20代半ばに日本にいなかったもので。。。戻ってきたらすっかり日本は不景気のまっただ中。池袋の地下には大勢の人が暮らしていたことに驚いたものです。僕はそのまま東京を出てしまったので、その後のことには今イチ知識がなかったですけど、不景気はそのままデフレと名前を変え、問題は基軸通貨のドルに飛び火をし、この不景気は失われた20年間とも呼ばれるようになる。そしてホームレスだった人達は。。。
調べてみるとホームレスには多くの精神的、身体的に疾患や障がいを抱えている人の割合が多く。それは決して社会に押し出されたのではなく、コミュニケーションがとれない。「社会に迷惑をかけてしまっている」と負い目を感じている人が多いこと。心のジレンマから抜け出せない人が大変に多いことを森川さんは知るのです。

さて、ここで問うべきは、仕事を探せないでいる人が悪い、保護をしないから行政が悪いと決めることではなく、人の心の中には、それぞれ暮らしていくためのルールや順番があり、それを画一の方法で縛り、ルールに合わせて保護や援助は出来ないということでした。人の心や尊厳は、効率だけでは測れないほど繊細であり、特に高齢になるほど状況への柔軟性がなくなってくるので、ルールではなく個々人の心にあわせたケアが大切であるということだそうです。

さぁ。書いていて僕も収拾がつかないほど極端な2冊を読みました。結果は何が見えてくるかというと。。。人はそれぞれ違っていることを理解して、一定の距離を保って暮らした方がいいということですね。

カテゴリー: さもない話, 日々の話, たまきさんブログ | コメントする