役立つ話」カテゴリーアーカイブ

四季を知らせ彩る和菓子~手作り体験と共に~【サロン講座】

たまきさんサロンスタッフです。

10月29日(日)にサロン講座「四季を知らせ彩る和菓子~手作り体験と共に~」を開催しました。

はじめに、杜の菓匠 玉澤総本店の相談役 土屋さんから四季と和菓子の関わりについてお話しをいただきました。

和菓子の主菓子は、立春・立夏・立秋・立冬の節分によって変わってくるそうです。

 

 

立春の和菓子は花びら餅、紅白まんじゅう、桜餅など。

立夏の和菓子は桜の山、柏餅、焼鮎など。

立秋の和菓子は七夕最中、竹流し羊羹、紅葉の山など。

立冬の和菓子はコスモスの山、紅白まんじゅう、雪輪モナカなどがあるそうです。

 

次に、和菓子職人の梅津さん、小形さんから和菓子づくりのお手本を見せていただきました。


梅津さんには、かぼちゃの練り切りを作っていただきました。

 

 


小形さんには金団で秋桜(コスモス)を作っていただきました。

 

 


 

今回は、こちらの4種類の中から上2つの茶巾を使用した練り切りと、型を使用した練り切りを作ります。

 

 

 


梅津さんからは、型を使った作り方を教わります。

 

 


 

まず、色餡でこしあんを包みます。

 

 


 

次に、包んだ餡を片方の型に入れます。

 

 


 

もう片方の型をはめて・・・

 

 


 

型から外すと出来上がりです。

 

 


 

型は他にもいろいろな種類があります。

 

 

 

 

 

茶巾絞りを使った作り方は小形さんから教わります。

 

 

 

3色の色餡を並べ、3色が綺麗にくっつくように上の方をつまみます。

 

 


 

伸ばした色餡にこしあんを包みます。

 

 


 

茶巾に包み、形を整えます。

 

 


 

茶巾から外し、氷餅をかけたら完成です。

 

 

 

 


完成した和菓子は、みなさんで美味しくいただきました。

自分で作るとより美味しく感じられたと思います。

 

 

玉澤総本店の土屋さん、梅津さん、小形さん、参加者のみなさんありがとうございました。

 

*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*

せんだい環境学習館 たまきさんサロン

平 日 10:00~20:30

土日祝 10:00~17:00

休館日 月曜(月曜が休日の場合は、その翌日)祝日の翌日・年末年始

*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*

 

カテゴリー: 過去の講座, 未分類, 役立つ話, 環境講座, たまきさんブログ | コメントする

キューバに来たぞ。めちゃくちゃネットが大変!

キューバに来たぞ。でもネットが超〜大変です。
暑い。ボロボロのアメ車に、大騒音の街。
でも人はものすごく優しいんだよ。
なんか物質を欲しがり続けているいまの暮らしって、疑問だ。

カテゴリー: 役立つ話, さもない話, 日々の話, アウトドア, たまきさんブログ | コメントする

ヤギたちと学ぼう~人と動物のいのちのつながり~【サロン講座】

たまきさんサロンスタッフです。

9月23日(土)にサロン講座「ヤギたちと学ぼう~人と動物のいのちのつながり~」を宮城教育大学にて開催しました。


はじめに、齊藤千映美先生より人の役に立つ動物(家畜)について学びました。

 

 

 

これからふれあう「ヤギ」のミルクや肉は食用として、皮や毛は手袋やブーツ、洋服に使用されています。


スイスの雪山の中から発見されたミイラの死体にもヤギ皮が着せられていたことがわかり、約5,300年も前から人の衣類として役に立ってきました。

 

 

他にもヤギは草を食べて草刈りの役目をしてくれたり、糞が肥料になったりと、たくさん人の助けになっていることを知りました。

これから、実際に動物たちとふれあいます。

 

最初はみなさん恐る恐るエサの草をあげていましたが、徐々に慣れていき、ヤギを撫でることができました。

 

 

 

 

1番大きなオスヤギのつよしくんは、飼育スタッフの方と相撲を取っていました。つよしくんが立ち上がるとみなさんからは「おぉっ!!!」と驚きの声が上がっていました。

 

 

他にも、烏骨鶏やうさぎともふれあいました。

 

烏骨鶏は逃げ足がとても速いので、捕まえるにも一苦労でした。

烏骨鶏の白い羽の下の地肌はカラスのような黒色であることから「烏骨鶏」と名付けられたそうです。

 

 

うさぎはとても大人しく、毛がふわふわしていました。

 

 

 

 

ヤギとお散歩をしながら室内に戻り、先ほどふれあった烏骨鶏の卵を使って今度はホットケーキを作ります。

 

 

 

 

みなさんお家でも作っているのか、手際良く上手に作っていました。

 

 

 

 

完成したホットケーキを試食。普段ご家庭で作るホットケーキよりも色味が濃く、味も濃厚でおいしくいただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は、実際にふれあいながら動物がいかに人々の生活に役立っているかを学びました。

齊藤千映美先生、宮城教育大学のスタッフのみなさん、学生のみなさん、参加者のみなさんありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*

せんだい環境学習館 たまきさんサロン

平 日 10:00~20:30

土日祝 10:00~17:00

休館日 月曜(月曜が休日の場合は、その翌日)祝日の翌日・年末年始

*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*

カテゴリー: 過去の講座, 未分類, 役立つ話, 日々の話, 環境, 環境講座, たまきさんブログ | コメントする

っで、いったいどこに来たんだ??ふらふら旅

っで、どこに行ったんだと言われると返答に困る。やぁ。太平洋を飛び越えて、やって来たよ他所の国

でも。これは経由地1なのだ。


パック旅行時代には考えられない荒技なのだが、乗り継ぎ飛行機を普通は早めに設定する。
空港に2時間とかね。
ところが、なんおここで乗り継ぎを20時間とかにしてしまう!


するとね。例えば昼日中が1日空いちゃったりするのだ。


そのあいだに、もう一カ国見物できてしまう。


今回は、バンクーバーで乗り継ぎでした。


だけど、日中の気温が5度!
ダウンジャケット着ていてもしんしんと冷え込んで着ます。


でも、ランニングにパンツで
走っている人多いんだよなぁ。なんなんだこの差は。





カテゴリー: 過去の講座, 自転車, 役立つ話, さもない話, 日々の話, たまきさんブログ | コメントする

第20回海のサイエンスカフェ in たまきさんサロン「海の中の雪(マリンスノウ)の話」【オープンサロン講座】

 たまきさんサロンスタッフです。

10月15日に開催されたオープンサロン講座には「海のサイエンスカフェ」がやって来ました。

海のサイエンスカフェとは、日本海洋学会の教育問題研究会が取り組んでいる海洋学を広く普及させるために研究者と一般の方が交流する活動で、今回が20回目になるのだそうです。

たまきさんサロンを会場に開催された今回のテーマは「海の中の雪(マリンスノウ)の話」です。

大林由美子さん(愛媛大学)、鋤柄千穂さん(東京海洋大学)、上野洋路さん(北海道大学)の3人の専門家と共に、マリンスノウについて学ぶことができました。


 

 

 

 

 

 

さて、「マリンスノウ」とは、いったいなんでしょうか?

よく耳にするのですが、その正体についてちゃんと説明できる人は少ないかもしれません。

一言で言うと「世界中の海の中で見られる粒子状の物質」だそうです。

海中の写真や映像に、雪のように白く写って見えることから「マリンスノウ」と呼ばれているのですが・・・・・・「う~ん・・・・・・ごみ?」


 

 

 

 

海の中は、海面から水深200m位までは太陽の光が届きます。

ここは「有光層」と呼ばれ、非常に活発な食物連鎖が行われている場所です。

太陽の光と二酸化炭素、それにわずかに海水中に溶けている窒素やリンなどの栄養分を利用して、植物プランクトンが光合成を行っています。酸素が作られ、そして二酸化炭素が有機物という形にかわってプランクトンの中に蓄えられるのです。

この植物プランクトンを動物プランクトン(クラゲも含まれる!)や魚などが食べます。

そんな動物プランクトンや魚は、さらに大きな魚や甲殻類に食べられ、さらに・・・・・・

これが海の中の食物連鎖です。

小さなプランクトンとは言え、時には海の色を変えるほどの膨大な数が、日々発生しています。

ということは、魚に食べられずに死んでしまうプランクトンの数も膨大なものになります。(プランクトンの寿命は、数日から1年以上生きる種類もいるそうです)

そしてこれらの生き物たちが排泄する糞の量も・・・・・・

これらは、海水の動きによってぶつかり合いひっつき合って次第に大きくなり、海中を沈降していきます。

これが、写真や映像に写っているマリンスノウです。

まるで雪が降るように白くきれいに海の中を沈降していったものの正体は、実は海中生物の死骸や脱皮殻、または糞などの排泄物だったのですね!

マリンスノウは、場所によっては水深1万mを超える深さを沈降していくわけですが、その間にほとんどが生物やバクテリアによって食べられ分解されてしまい、ほんのわずかのマリンスノウだけが深海まで到達することができるらしいです。

もちろん海底にも底生生物が生息していて、マリンスノウは彼らの餌となります。

ほとんど何も残らないくらいきれいに完食(?)される食物連鎖が、広い海の中で日々繰り返されているわけです。

 

 

 

 

 

 

さて、もう一度海面まで戻ってみましょう。

大気中の二酸化炭素は、とても水に溶けやすい性質があります。

波によって海水中に溶け込んだ二酸化炭素は、プランクトンや藻類による光合成で有機物に変化して食物連鎖のサイクルに取り込まれます。

最終的には、マリンスノウとなって海中を沈降していく過程で分解されて再び二酸化炭素にまで戻るのですが、深海に貯蔵された二酸化炭素は約2千年という長い時間をかけて深層海流によって海の表層にまで上がって来るということでした。

これらの海洋における炭素貯蔵の仕組みには「生物ポンプ」という名前がついています。

 

 

手作りの「実感!?生物ポンプすごろく」!!

 

 

地上で発生した二酸化炭素は、海洋の生態系にとってとても重要な物質であり、マリンスノウは、そんな二酸化炭素を海の表層から深層にまで運ぶ役割を果たしているということを、今回のサイエンスカフェで学びました。

壮大な仕組みの話しだけに、まだまだ海洋はわからないことも多く、研究者たちはこれらの循環について調査を続けています。

今回のたまきさんサロンでのサイエンスカフェは、参加していただいた方々と講師との間で活発な意見交換が行われ、とても充実した楽しい催しとなりました。

大林さん、鋤柄さん、上野さん、そしてご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*

せんだい環境学習館 たまきさんサロン

平 日 10:00~20:30

土日祝 10:00~17:00

休館日 月曜(月曜が休日の場合は、その翌日)祝日の翌日・年末年始

*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*

 

カテゴリー: 過去の講座, 未分類, 役立つ話, 環境, 環境講座, イベント, たまきさんブログ | コメントする

たまきさんサロン新着図書情報

たまきさんサロンスタッフです。

新着図書を紹介します。

 

 

 

 

 

 

・宇宙のサバイバル①宇宙飛行士訓練編‐(ホン・ジェチョル/イ・テホ)

・宇宙のサバイバル②ソユーズ宇宙船編‐(ホン・ジェチョル/イ・テホ)

・宇宙のサバイバル③国際宇宙ステーション‐(ホン・ジェチョル/イ・テホ)

・砂漠のサバイバル‐(チェ・ドッキ/カン・キョンヒョ)


 

 

 

 

 

・科学クイズにちょうせん 5分間のサバイバル 4年生‐(ハン・ヒョンドン/チーム・ガリレオ/金子丈夫)

・科学クイズにちょうせん 5分間のサバイバル 3年生‐(ハン・ヒョンドン/チーム・ガリレオ/金子丈夫)

 

 

 

 

 

 

・原色図鑑 世界の美しすぎる昆虫‐(丸山宗利)

・日曜日の狩猟採集生活‐(渓流編集部)

・鳴く虫の捕り方・飼い方‐(後藤啓)

 

 

 

 

 

 

・さかなクンの一魚一会~まいにち夢中な人生!~‐(さなかクン)

・深き海の魚たち 資源開拓と有効利用に向けて‐(落合芳博)

 

 

 

 

 

 

・なぜ「近大発のナマズ」はウナギより美味いのか?〝新しい魚〟開発の舞台裏‐(山下柚実)

・セレンゲティ・ルール 生命はいかに調節されるか‐(ショーン・B・キャロル/高橋洋)

 

 

 

 

 

 

・海に沈んだ大陸の謎 最新科学が解き明かす激動の地球史‐(佐野貴司)

・森と氷河の鯨 ワタリガラスの伝説を求めて‐(星野道夫)

・最後の辺境 極北の森林、アフリカの氷河‐(水越武)

 

 

 

 

 

 

・ノミのジャンプと銀河系‐(椎名誠)

・地球は本当に丸いのか?身近に見つかる9つの証拠‐(武田康男)

・歌うカタツムリ 進化とらせんの物語‐(千葉聡)

 

 

 

 

 

 

・三陸わかめと昆布 浜のまちのレシピ80-(婦人之友社編集部)

・戦争がつくった現代の食卓 軍の加工食品の知られざる関係‐(アナスタシア・マークス・デ・サルセド/田沢恭子)

 

 

 

 

 

 

・農ガール、農ライフ‐(垣谷美雨)

・もたない、すてない、ためこまない身の丈生活‐(アズマカナコ)

 

 

 

 

 

 

・ぐるぐる博物館‐(三浦しをん)

・はくぶつかんのよる‐(イザベル・シムレール/石津ちひろ)

 

 

 

 

 

 

・ころちゃんはだんごむし‐(高家博成/仲川道子)

・てんとうむしのてんてんちゃん‐(高家博成/仲川道子)

 

 

 

 

 

 

・小学生の夏休み自由研究ブック 自由研究のおもしろアイデア80テーマ‐(ガリレオ工房)

・リサイクル・ネイチャー素材で作る 小学生のアイデア工作 改訂版 素材別・工作コツつき‐(蓮見国彦 他)

・ジンブン系 テーマをみつめるチカラしらべてまとめるチカラがつく自由研究アイディア51‐(福井直秀)

たまきさんサロンには、これまでのサロン講座の講師や環境団体から寄贈された図書もあります。

中にはサイン入りもありますので、探してみてくださいね。

貸出カードを申し込みの際には、身分証明書が必要です。

 

二回目以降は貸出カードをご提示のうえ、貸出票に必要事項をご記入ください。

おひとり3冊まで、2週間の貸出です。

皆様のお越しをお待ちしております。

 

*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*

せんだい環境学習館 たまきさんサロン

平 日 10:00~20:30

土日祝 10:00~17:00

休館日 月曜(月曜が休日の場合は、その翌日)祝日の翌日・年末年始

*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 未分類, 役立つ話, 告知, 環境, たまきさんブログ | コメントする

「モッタイナイキッチン」始まったぞ

こんちは!ひさしぶりだよ〜。
「やい!いままで何やってた!」まぁまぁ。なんだかんだとお盆やすみもなく(泣)忙しかったんですよ。<<たまきはブラック企業に勤めている疑惑
っで、本日もお仕事中の僕だけど、昼飯〜を作ってきました。どうせご飯を作ったなら、公開しちめ〜って、こんなサイトができたんですよ。
モッタイナイキッチン/仙台市
こちら僕らのサイト運営している環境共生課の下の階の家庭ごみ減量課のサイトなんだよね。
投稿するとなんかもらえるのかな〜。

カテゴリー: 省エネ, 役立つ話, 日々の話, 環境, たまきさんブログ | コメントする

気象予報士に聞きました!天気にまつわる言い伝えは本当?【サロン講座】

たまきさんサロンスタッフです。

8月5日のサロン講座は、日本気象予報士会 東北支部の金野義典さんを講師に迎え、親子講座「天気にまつわる言い伝えは本当?~自分でできる天気予想~」を開催しました。

「朝焼けは雨、夕焼けは晴れ」や「雲が南東に流れると晴れ」は、西から天気が変わることを示し、これからやってくる天気を予想している言い伝えです。

よく耳にする「ツバメが低く飛ぶと雨」は、空気が湿ってくるとツバメのエサとなる虫が高く飛べず、エサを得るためにツバメも低く飛ぶためと言い伝えられています。

昔の人は、道具を使わずに空模様や生き物の特性を観察して天気を予想していたのですね。このことを「観天望気(かんてんぼうき)」と言います。

気を付けたいのは、雷についての迷信です。

「雷は金属に落ちやすい」「雷鳴が遠くで鳴っているから大丈夫」といったことは聞いたことはありますか?

雷の実験の映像を観てみると、雷は金属を付けている、付けていないに関わらず高いところに落ちることが分かりました。

また、雷は音が遠くに聞こえていても、積乱雲の下だとどこに落ちるか分かりません。たとえば10kmを超えるような積乱雲であれば、10km先に突然雷が落ちてもおかしくないのです。

お子さんはもちろん、お父さん、お母さんもメモを取りながら、講座に耳を傾けていました。

天気についてのお話の他にも、気象現象を実験で分かり易く教わりました。

大気圧やhPa(ヘクトパスカル)という単位は聞いたことはありますか?大気圧は空気を押す力のことでhPaはその単位です。

目には見えない大気圧を知るために、マシュマロを使った実験をしました。

密封された容器の中にマシュマロを入れて、容器の中の空気を抜くと…

 

マシュマロを押している力が小さくなることで、どんどんマシュマロが大きくなりました。

大きくなったマシュマロを食べてみたい!という声が上がりました。

でも…容器の中の押す力が小さくなり、外から押す力の方が大きくなったため、容器のふたを力いっぱい開けようとしても開きません。


容器に空気を送り込むと、マシュマロはみるみるうちに元通りの大きさになりました。

中と外の圧力が均等になったので、ふたも力をいれなくても開きました。

 

大きくなったシュマロは食べることが出来ないのですね。残念!

空の上では、周囲より気圧が高いことを「高気圧」、低いことを「低気圧」と言います。

ある一定の数値を超えているから高気圧になるわけではないそうです。

周囲の気圧の差で「高気圧(下降気流)」、「低気圧(上昇気流)」が起こり風が吹くのですね。

その他にも、身近なペットボトルを使って、雲や竜巻を作る実験をしました。

地球規模で起こると大きな雲や危険な竜巻になる現象を自分で体験して天気が変わる仕組みを知ることができました。

天気を予報するために使っている天気図や、白地図にラジオの気象通報の情報を聞き取りながら記入する体験もしました。

親子で協力しあいながら天気図を完成させていました。

貴重な体験をし、これから空や雲の種類、天気予報を観るのが楽しみになる講座となりました。

日本気象予報士会 東北支部の金野さん講座をサポートしてくださった杉山さん、小関さん、谷口さんそして、ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。

 

 

 

*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*

せんだい環境学習館 たまきさんサロン

平 日 10:00~20:30

土日祝 10:00~17:00

休館日 月曜(月曜が休日の場合は、その翌日)祝日の翌日・年末年始

*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*

 

カテゴリー: 過去の講座, 未分類, 役立つ話, 環境, 環境講座, たまきさんブログ | コメントする

~仙台七夕まつり400年の歴史を90分で知ろう~【サロン講座】

たまきさんサロンスタッフです。

7月29日(土)のサロン講座は、出版社「風の時編集部」 代表 佐藤正実さんを講師にお迎えして「仙台七夕 彩・再・祭~仙台七夕まつり400年の歴史を90分で知ろう~」を開催しました。

講師の佐藤さんは、“仙台の原風景を観る、知る。”をテーマに仙台の古い街並みの写真や古地図などを復元し、編集・出版しています。出版物には「仙台七夕まつり歴代ポスター大全集」や「仙台地図さんぽ」大正編・江戸時代編などがあり、仙台の魅力を宮城県内外へ発信しています。

 

今回の講座は、親子連れの参加もあり、肩肘の張らない和やかな雰囲気の中お話頂きました。

七夕の由来は、織姫と彦星の民話と一緒に中国の星祭り「乞巧伝(きっこうでん)」が京都に伝わり、江戸時代初期(約400年前)に仙台藩祖伊達政宗公が仙台へ伝えたと言われています。

 

その後、七夕の風習はどのようにして、仙台の地に根付いていったのでしょうか。

「日本三大七夕」と言えば、神奈川県平塚市、愛知県安城市と仙台市ですが、他の2都市と違い、仙台七夕まつりの特徴は、和紙で作られている事と旧暦の7月6日のひと月遅れに当たる8月6日から開催されることです。

 

 

江戸時代後期は、7月6日に家々で七夕飾りを掲げ、7日の朝に願いを込めて広瀬川へ流す習俗があり、稲の開花時期に五穀豊穣を願い、お盆の準備をするお祭りとして根付いていきました。

また、七夕は学校行事にもなり子どもたちが墨で文字を書く練習をし、その半紙を吹流しなど飾りに使っていました。

和紙等の飾りは、昭和29年~33年の期間だけ雨天対策としてビニール素材の飾りが使われたこともあったそうです。

昔から仙台七夕まつりは雨との闘いがあったのですね。

仙台七夕まつりの七つ飾りには、それぞれ願いが込められています。

短冊(たんざく) 願い事を書き学問や書道の上達を願う。

折り鶴(おりづる) 家内安全と延命長寿を願う。

 

【写真・昭和初期 所蔵/風の時編集部】

吹き流し(ふきながし) 機織りの上達、江戸時代は5色の糸で飾られた願いの糸の変形化で願い事は3年のうちに叶うと言われています。

巾着(きんちゃく) 金銭に不自由しないように富貴を願う。

紙衣(かみごろも) 裁縫技術の上達と、これを着る子どもの健やかな成長を願う。

屑籠(くずかご) 倹約に努め、物を粗末にすることを戒める。

投網(とあみ) 海の恵みへの感謝と豊漁を願う。

薬玉(くすだま)は、仙台ならではの飾りですが、七つ飾りには含まれないそうです。

【写真:昭和10年代 所蔵/風の時編集部】

七つ飾りに込められた願いは変わりませんが、仙台七夕まつりは昭和に入ってから大きな変化がありました。

家々で願いを込めて飾りを作り掲げるお祭りから、昭和3年に開催された「七夕飾りコンクール」をきっかけに、商店街に大きな飾りが掲げられ商店街のお祭りと発展していきます。昭和8年には、仙台の人口が約20万人に対し、15万人の見物客が訪れたと言われています。

その後、昭和22年には、8月6日7日の2日間開催から8日も加え3日間の開催になり、観光のお祭りと変わっていきました。昭和40年には、自衛隊の車が電飾で彩られた「動く七夕パレード」が行われ、七夕飾りを観るお祭りからイベントを楽しむお祭りになりました。

【写真:昭和30年代 所蔵/風の時編集部】

そして、仙台七夕まつりは、昭和53年の宮城沖地震や昭和61年の洪水被害、平成23年の東日本大震災などの災害があっても中止せず、その時々の願い祈りが込められた祭りとして現在に受け継がれていることを教わりました。

講座では、古地図や昭和10年に仙台駅前で撮影された貴重な16㎜フィルムの映像資料から82年前の仙台七夕まつりを知る事が出来ました。

ご参加いただいた方からは、「毎年七夕に行きますが、今年はさらに楽しめそうです。」の声もあり、仙台七夕まつりの歴史を知り、魅力を再発見することが出来た講座となりました。各家々で七夕を飾る習慣が、また仙台市内で復活すると良いですね。

佐藤正実さん、ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。

 

*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*

せんだい環境学習館 たまきさんサロン

平 日 10:00~20:30

土日祝 10:00~17:00

休館日 月曜(月曜が休日の場合は、その翌日)祝日の翌日・年末年始

※8月27日(日)は設備点検のため臨時休館です。

*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*

 

カテゴリー: 過去の講座, 未分類, 役立つ話, 環境, 環境講座, たまきさんブログ | コメントする

ヤッタァ〜雨がやんだ!打ち水イベントだ!

今年もやってきました!打ち水の季節だね〜。でも毎日々々雨ばっかり。5月から梅雨のあいだは暑かったのに、明けたと思ったら雨ばっか。これも温暖化の影響かなぁ。


って思ってたら、なんと昨日は雨。明日も怪しいのに今日はハレ!
いやぁ〜チームたまきさんは、なにか持ってるよなぁ。必要な時に必要な天気を呼んでくる。(もしくはこないだの天文みたいに大雨。。。中間は、ナイ)


まぁいいや。今日もバケツは大活躍。


とにかく写真多め。イベント終わってアッというまの公開の、超超超速報版だよ。
伊達武将隊登場!あっというまに会場のお客さんと記念写真撮りまくり。人気者ですな。


かわいい浴衣姿の「せんだい・杜の都の親善大使」のお嬢様方。
柳原さんと猪俣さんです。本日のイベントを一緒に盛り上げてくれます。


芭蕉さんどうしたの?
この方いつも、イベント開始直前は段取りを頭の中で組み立ててらっしゃるのです。


と思ったら、お子さんと「楽しんでるかい!」「イエ〜!」


今日はお盆の休暇に日曜日まで重なって、みんなテンション高いなぁ〜。


そりゃそうだよ。久しぶりの好天だよ。


では、参るか。
「皆の者!ようこそ今日はお集まりいただいた。暑い日が続くの。この暑い日々」


「現代のカラクリ冷房に頼らず、涼しく過ごす我らの知恵、打ち水を今日は皆と楽しんでもらおうと思う。伊達な知恵というやつじゃ。」


では、一番町四丁目商店街振興組合副理事長の浅野さんのご挨拶
「皆様。やっと青空が望めました。今年の七夕は大変でしたが、今日はこの気持ちの良い青空のもと、打ち水を楽しんでいただければと思います。また、今夜は七夕の竹飾りを再利用した“竹灯り”も7時点灯をします。是非とも1日楽しんでいってもらえればと思います。」



ーーーーーーこれ。よそのサイトのちょっと古い案内だけど。ほぼ一緒ーーーーーー
【仙台竹灯り点灯時間】
19:00~22:00
【仙台竹灯りとは】
仙台七夕まつりで使用した竹を切って蝋燭を灯し、商店街を光の帯が結ぶ「仙台竹灯り」です。8月13日の迎え盆の日に、野外で火を焚き先祖の御霊を迎える「迎え火」の風習を復活させようと2003年から開催、今年で10周年を迎えました。仙台七夕まつりで街を彩った竹へ、感謝の気持ちをこめて灯した1000本以上の蝋燭は、日暮れとともに幽玄な雰囲気に。「夕涼み処」としてビールや焼きとりなどの夜店が出店、音楽のコンサートも行われます。お盆休みの夜の一味違う商店街の中、不思議と思い出に残る夏のイベントです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


そして親善大使のお嬢さんたち
「ようこそ仙台にお越しくださいました。今日は私たちと辻々に水を打ちながら、街歩きを楽しめればと思います」


片倉小十郎様。打ち水の解説。
「打ち水は、エネルギーを使わず涼しく過ごす、伊達の知恵。暑い路面に水を打つことで、2度気温を下げることができる。本当は朝・夕と打つのが効果的だが、今日はこれからみんなで一番町四丁目に水を撒いてみようと思う。」


では、準備はいいか!
お子様にバケツと柄杓を配るのだ。
親御さんは是非とも手伝ってくれ。


いいか!まずは皆で円陣を組んで、一斉に打ち水じゃ。
掛け声は「E-Action!」カメラにはかけぬようにな。それと、あんまり一気に撒いてしまってもバケツの水がなくなってしまう。適度にな。


いくぞ。E-Action!


では、通りの向こう。商店街の反対の交差点まで、水を撒きながら歩くぞ。いざ出発じゃ!


お〜!!!
〜〜ちなみに、右の学生さんは、東北工大たんぽぽの人たちね。せっかくだから浴衣で参加してもらいました。


さ!あとは水撒きだ。
E-Action!


E-Action!


E-Action!


コメントがないって?
いいじゃん。打ち水です。E-Action!


魚眼レンズでE-Action!


お嬢さんたちエンジンかかってきたのかな?
E-Action!


大人も子供もE-Action!


あらら。あっというまにフォーラスまで来ちゃった。
通りはびしょびしょ。
でもなんか、スゥ〜っと涼しくなる。


あらら。植え込みのラベンダーにも、E-Action!


お姉さんとお嬢ちゃんでE-Action!


なんだか本当に久しぶりの陽射しが気持ちいい!

お水なくなっちゃっても、途中の水道で汲めるよ〜。


果物屋さんの前でE-Action!


通りはびしょびしょ。路面が光を反射して綺麗だなぁ。


いやぁ〜皆の者。ご苦労であった。
なかなか水の入ったバケツを持って歩くというのも、大変なものだろう。


皆、楽しんでもらえたか!
「はぁ〜い」
いいか。今日の打ち水は、これから帰って、家で撒くもの大事だが、さらにいいことを。
打ち水を毎日すると、気温がどう下がるか記録をとるのじゃ。わかるか?
夏休みの自由研究にはぴったりなのだ。是非とも調べてみるのだ。


そして、打ち水を手伝ってくれた皆様に、お礼の演舞だ。


ヒラリヒラリと舞を舞ってます。ただ「水で滑らぬようにな」とは、お館様のお言葉。


我ら、仙台おもてなし集団、伊達武将隊!


ハッ!


かっこいい演武でしたが、今年はもうひとつ演し物です。なんと「せんだいみやぎ ございん音頭」


ナニコレ!
お子様も、武将も一緒に「ぐるぐるぐる」って。


はい右手。伸びして左手。
お子様と一緒にワイワイと。
作詞は芭蕉さんだとか。多才だなぁ。


どうだ。楽しんでもらえたか?
仙台市では打ち水の他にも、一年を通してエネルギーの節約を呼びかけておる。
3E省エネ、創エネ、蓄エネで、より一層エネルギーを大切にして、より良い社会を目指そう!


では、本日のイベントの成功を祝して、勝ち鬨を上げるぞ!
我らの勝ち鬨は、エイエイオ〜!の三回だ!


エイエイオ〜
エイエイオ〜


エイエイオ〜!


では、皆さん、節電所の投稿もよろしくね。
ばいば〜い。

カテゴリー: 取材, 省エネ, 役立つ話, 環境, E-Action, イベント, たまきさんブログ | コメントする