仙台市環境Webサイトたまきさん

環境という字をひっくり返すと‥境環?さかいたまき?
遊び心から生まれた謎のキャラ 環境好き「たまきさん」がブログを書く仙台市の環境Webサイトです。
肩肘張らず、楽しみながら環境を考えるヒントがいっぱい詰まっています。

講座・イベント情報

8月17日(木)17時00分〜19時00分
虫の声を楽しむ会~たまきさんサロンの巻~
仙台市博物館 水野沙織さん
太白山自然観察の森 レンジャー 早坂徹さん、黒川周子さん
生きものと関わりが深い仙台の歴史や文化のお話を聞いた後に、歩いて野外に移動して、虫の声をききます。どんな虫の声がきこえるかな?




■開催日時
平成29年8月17日(木)
17時00分〜19時00分
※雨天決行(ただし、荒天時は中止) ■講座タイトル
虫の声を楽しむ会~たまきさんサロンの巻~   ■講師
仙台市博物館 水野沙織さん
太白山自然観察の森 レンジャー 早坂徹さん、黒川周子さん ■講座概要
平安時代のお姫さまも、江戸時代の将軍さまも、虫たちの鳴き声を秋にきくのを楽しみにしていました。昔から変わらぬ、美しい虫の声を家族で楽しんでみませんか?
生きものと関わりが深い仙台の歴史や文化のお話を聞いた後に、歩いて野外に移動して、虫の声をききます。どんな虫の声がきこえるかな? ■募集人数/対象
親子15組(先着) ■参加費
無料 ■持ち物
・汚れてもいい服装(雨天時は雨具)
・運動靴(サンダルではない方が良いです)
・虫よけスプレー
・懐中電灯
・飲み物 ■会場
たまきさんサロン ■お申し込み方法
平成29年7月18日(火)朝9時より電話にて申込を受け付けます。
電話で必要事項をお知らせください。
必要事項:①講座名、②参加者全員の氏名、③連絡先(電話番号)、④住所、⑤お子さんの年齢 ■問い合わせ・申し込み先
仙台市環境局環境共生課
電話 022-214-0013
※内容に関する質問等についてはメール(kan007130@city.sendai.jp)でも受付いたします。

8月10日(木)18時30分〜20時30分
音×生物多様性あれこれ座談会~生きものと共生するまちの魅力~
永幡幸司(福島大学 准教授)
豊嶋純一(都市デザインワークス)
奥口文結(Date fmパーソナリティ)
私たちの世界は多種多様な生きものと、生きものが奏でる音であふれています。ゲストのミニトークを交えながら、暮らしの中の「音」と生きものの関わり、そして音を楽しめるまちづくりについて意見交換をします。




■開催日時
平成29年8月10日(木)
18時30分〜20時30分 ■講座タイトル
音×生物多様性あれこれ座談会~生きものと共生するまちの魅力~   ■ゲスト
永幡幸司(福島大学 准教授)
豊嶋純一(都市デザインワークス)
奥口文結(Date fmパーソナリティ) ■講座概要
私たちの世界は多種多様な生きものと、生きものが奏でる音であふれています。ゲストのミニトークを交えながら、暮らしの中の「音」と生きものの関わり、そして音を楽しめるまちづくりについて意見交換をします。 ■募集人数/対象
大人35名 ■参加費
無料 ■会場
たまきさんサロン ■お申し込み方法
メールで「氏名」と「好きな音・音風景※」をご連絡ください。
※好きな音:音そのものが好き。
 好きな音風景:ある場所で聞こえる音全体が織りなす音の世界が好き。 ■問い合わせ・申し込み先
仙台市環境局環境共生課
メール(kan007130@city.sendai.jp) ■イベントチラシ
イベントチラシダウンロード/PDFファイル958kb

伊達な節電所キャンペーン
生物多様性保全推進事業
たまきさんブログ

~仙台七夕まつり400年の歴史を90分で知ろう~【サロン講座】

たまきさんサロンスタッフです。 7月29日(土)のサロン講座は、出版社「風の時編集部」 代表 佐藤正実さんを講師にお迎えして「仙台七夕 彩・再・祭~仙台七夕まつり400年の歴史を90分で知ろう~」を開催しました。 講師の佐藤さんは、“仙台の原風景を観る、知る。”をテーマに仙台の古い街並みの写真や古地図などを復元し、編集・出版しています。出版物には「仙台七夕まつり歴代ポスター大全集」や「仙台地図さんぽ」大正編・江戸時代編などがあり、仙台の魅力を宮城県内外へ発信しています。   今回の講座は、親子連れの参加もあり、肩肘の張らない和やかな雰囲気の中お話頂きました。 七夕の由来は、織姫と彦星の民話と一緒に中国の星祭り「乞巧伝(きっこうでん)」が京都に伝わり、江戸時代初期(約400年前)に仙台藩祖伊達政宗公が仙台へ伝えたと言われています。   その後、七夕の風習はどのようにして、仙台の地に根付いていったのでしょうか。 「日本三大七夕」と言えば、神奈川県平塚市、愛知県安城市と仙台市ですが、他の2都市と違い、仙台七夕まつりの特徴は、和紙で作られている事と旧暦の7月6日のひと月遅れに当たる8月6日から開催されることです。     江戸時代後期は、7月6日に家々で七夕飾りを掲げ、7日の朝に願いを込めて広瀬川へ流す習俗があり、稲の開花時期に五穀豊穣を願い、お盆の準備をするお祭りとして根付いていきました。 また、七夕は学校行事にもなり子どもたちが墨で文字を書く練習をし、その半紙を吹流しなど飾りに使っていました。 和紙等の飾りは、昭和29年~33年の期間だけ雨天対策としてビニール素材の飾りが使われたこともあったそうです。 昔から仙台七夕まつりは雨との闘いがあったのですね。 仙台七夕まつりの七つ飾りには、それぞれ願いが込められています。 短冊(たんざく) 願い事を書き学問や書道の上達を願う。 折り鶴(おりづる) 家内安全と延命長寿を願う。   【写真・昭和初期 所蔵/風の時編集部】 吹き流し(ふきながし) 機織りの上達、江戸時代は5色の糸で飾られた願いの糸の変形化で願い事は3年のうちに叶うと言われています。 巾着(きんちゃく) 金銭に不自由しないように富貴を願う。 紙衣(かみごろも) 裁縫技術の上達と、これを着る子どもの健やかな成長を願う。 屑籠(くずかご) 倹約に努め、物を粗末にすることを戒める。 投網(とあみ) 海の恵みへの感謝と豊漁を願う。 薬玉(くすだま)は、仙台ならではの飾りですが、七つ飾りには含まれないそうです。 【写真:昭和10年代 所蔵/風の時編集部】 七つ飾りに込められた願いは変わりませんが、仙台七夕まつりは昭和に入ってから大きな変化がありました。 家々で願いを込めて飾りを作り掲げるお祭りから、昭和3年に開催された「七夕飾りコンクール」をきっかけに、商店街に大きな飾りが掲げられ商店街のお祭りと発展していきます。昭和8年には、仙台の人口が約20万人に対し、15万人の見物客が訪れたと言われています。 その後、昭和22年には、8月6日7日の2日間開催から8日も加え3日間の開催になり、観光のお祭りと変わっていきました。昭和40年には、自衛隊の車が電飾で彩られた「動く七夕パレード」が行われ、七夕飾りを観るお祭りからイベントを楽しむお祭りになりました。 【写真:昭和30年代 所蔵/風の時編集部】 そして、仙台七夕まつりは、昭和53年の宮城沖地震や昭和61年の洪水被害、平成23年の東日本大震災などの災害があっても中止せず、その時々の願い祈りが込められた祭りとして現在に受け継がれていることを教わりました。 講座では、古地図や昭和10年に仙台駅前で撮影された貴重な16㎜フィルムの映像資料から82年前の仙台七夕まつりを知る事が出来ました。 ご参加いただいた方からは、「毎年七夕に行きますが、今年はさらに楽しめそうです。」の声もあり、仙台七夕まつりの歴史を知り、魅力を再発見することが出来た講座となりました。各家々で七夕を飾る習慣が、また仙台市内で復活すると良いですね。 佐藤正実さん、ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。   *‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥* せんだい環境学習館 たまきさんサロン 平 日 10:00~20:30 土日祝 10:00~17:00 休館日 月曜(月曜が休日の場合は、その翌日)祝日の翌日・年末年始 ※8月27日(日)は設備点検のため臨時休館です。 *‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*  

たまきさんブログ

ヤッタァ〜雨がやんだ!打ち水イベントだ!

今年もやってきました!打ち水の季節だね〜。でも毎日々々雨ばっかり。5月から梅雨のあいだは暑かったのに、明けたと思ったら雨ばっか。これも温暖化の影響かなぁ。
って思ってたら、なんと昨日は雨。明日も怪しいのに今日はハレ!
いやぁ〜チームたまきさんは、なにか持ってるよなぁ。必要な時に必要な天気を呼んでくる。(もしくはこないだの天文みたいに大雨。。。中間は、ナイ)
まぁいいや。今日もバケツは大活躍。
とにかく写真多め。イベント終わってアッというまの公開の、超超超速報版だよ。
伊達武将隊登場!あっというまに会場のお客さんと記念写真撮りまくり。人気者ですな。
かわいい浴衣姿の「せんだい・杜の都の親善大使」のお嬢様方。
柳原さんと猪俣さんです。本日のイベントを一緒に盛り上げてくれます。
芭蕉さんどうしたの?
この方いつも、イベント開始直前は段取りを頭の中で組み立ててらっしゃるのです。
と思ったら、お子さんと「楽しんでるかい!」「イエ〜!」
今日はお盆の休暇に日曜日まで重なって、みんなテンション高いなぁ〜。
そりゃそうだよ。久しぶりの好天だよ。
では、参るか。
「皆の者!ようこそ今日はお集まりいただいた。暑い日が続くの。この暑い日々」
「現代のカラクリ冷房に頼らず、涼しく過ごす我らの知恵、打ち水を今日は皆と楽しんでもらおうと思う。伊達な知恵というやつじゃ。」
では、一番町四丁目商店街振興組合副理事長の浅野さんのご挨拶
「皆様。やっと青空が望めました。今年の七夕は大変でしたが、今日はこの気持ちの良い青空のもと、打ち水を楽しんでいただければと思います。また、今夜は七夕の竹飾りを再利用した“竹灯り”も7時点灯をします。是非とも1日楽しんでいってもらえればと思います。」

ーーーーーーこれ。よそのサイトのちょっと古い案内だけど。ほぼ一緒ーーーーーー
【仙台竹灯り点灯時間】
19:00~22:00
【仙台竹灯りとは】
仙台七夕まつりで使用した竹を切って蝋燭を灯し、商店街を光の帯が結ぶ「仙台竹灯り」です。8月13日の迎え盆の日に、野外で火を焚き先祖の御霊を迎える「迎え火」の風習を復活させようと2003年から開催、今年で10周年を迎えました。仙台七夕まつりで街を彩った竹へ、感謝の気持ちをこめて灯した1000本以上の蝋燭は、日暮れとともに幽玄な雰囲気に。「夕涼み処」としてビールや焼きとりなどの夜店が出店、音楽のコンサートも行われます。お盆休みの夜の一味違う商店街の中、不思議と思い出に残る夏のイベントです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
そして親善大使のお嬢さんたち
「ようこそ仙台にお越しくださいました。今日は私たちと辻々に水を打ちながら、街歩きを楽しめればと思います」
片倉小十郎様。打ち水の解説。
「打ち水は、エネルギーを使わず涼しく過ごす、伊達の知恵。暑い路面に水を打つことで、2度気温を下げることができる。本当は朝・夕と打つのが効果的だが、今日はこれからみんなで一番町四丁目に水を撒いてみようと思う。」
では、準備はいいか!
お子様にバケツと柄杓を配るのだ。
親御さんは是非とも手伝ってくれ。
いいか!まずは皆で円陣を組んで、一斉に打ち水じゃ。
掛け声は「E-Action!」カメラにはかけぬようにな。それと、あんまり一気に撒いてしまってもバケツの水がなくなってしまう。適度にな。
いくぞ。E-Action!
では、通りの向こう。商店街の反対の交差点まで、水を撒きながら歩くぞ。いざ出発じゃ!
お〜!!!
〜〜ちなみに、右の学生さんは、東北工大たんぽぽの人たちね。せっかくだから浴衣で参加してもらいました。
さ!あとは水撒きだ。
E-Action!
E-Action!
E-Action!
コメントがないって?
いいじゃん。打ち水です。E-Action!
魚眼レンズでE-Action!
お嬢さんたちエンジンかかってきたのかな?
E-Action!
大人も子供もE-Action!
あらら。あっというまにフォーラスまで来ちゃった。
通りはびしょびしょ。
でもなんか、スゥ〜っと涼しくなる。
あらら。植え込みのラベンダーにも、E-Action!
お姉さんとお嬢ちゃんでE-Action!
なんだか本当に久しぶりの陽射しが気持ちいい!

お水なくなっちゃっても、途中の水道で汲めるよ〜。
果物屋さんの前でE-Action!
通りはびしょびしょ。路面が光を反射して綺麗だなぁ。
いやぁ〜皆の者。ご苦労であった。
なかなか水の入ったバケツを持って歩くというのも、大変なものだろう。
皆、楽しんでもらえたか!
「はぁ〜い」
いいか。今日の打ち水は、これから帰って、家で撒くもの大事だが、さらにいいことを。
打ち水を毎日すると、気温がどう下がるか記録をとるのじゃ。わかるか?
夏休みの自由研究にはぴったりなのだ。是非とも調べてみるのだ。
そして、打ち水を手伝ってくれた皆様に、お礼の演舞だ。
ヒラリヒラリと舞を舞ってます。ただ「水で滑らぬようにな」とは、お館様のお言葉。
我ら、仙台おもてなし集団、伊達武将隊!
ハッ!
かっこいい演武でしたが、今年はもうひとつ演し物です。なんと「せんだいみやぎ ございん音頭」
ナニコレ!
お子様も、武将も一緒に「ぐるぐるぐる」って。
はい右手。伸びして左手。
お子様と一緒にワイワイと。
作詞は芭蕉さんだとか。多才だなぁ。
どうだ。楽しんでもらえたか?
仙台市では打ち水の他にも、一年を通してエネルギーの節約を呼びかけておる。
3E省エネ、創エネ、蓄エネで、より一層エネルギーを大切にして、より良い社会を目指そう!
では、本日のイベントの成功を祝して、勝ち鬨を上げるぞ!
我らの勝ち鬨は、エイエイオ〜!の三回だ!
エイエイオ〜
エイエイオ〜
エイエイオ〜!
では、皆さん、節電所の投稿もよろしくね。
ばいば〜い。

たまきさんブログ

仙台竹灯り。灯りました。まだまだ夜10時まで。

仙台竹灯り。灯りましたね。
まだまだ夜10時まで。
仙台に住んでる人も、帰ってきた人も。初めてやってきた人も。外国から来た人も。
ようやく涼しくなった夜長をのんびり散歩なんてのも、いいもんですよ。 開催場所/一番町四丁目商店街















東北電力ホームページへ いま

8月20日

予想最大電力
1,187万kw(18~19時)
供給予備率
19.9%
ワケルネット
地球温暖化って?
宮城県環境情報センター
EPO TOHOKU
DATE BIKE