仙台市環境Webサイトたまきさん

環境という字をひっくり返すと‥境環?さかいたまき?
遊び心から生まれた謎のキャラ 環境好き「たまきさん」がブログを書く仙台市の環境Webサイトです。
肩肘張らず、楽しみながら環境を考えるヒントがいっぱい詰まっています。

講座・イベント情報

12月2日(土)13時30分~15時30分
携帯電話をとことん分解~電気電子機器に眠る金属資源~
講師 東北大学大学院環境科学研究科 白鳥寿一 教授
使用済みの携帯電話をバラバラに分解し、その中にはたくさんの材料が使われていることを実感しながら、金属材料の資源としての重要性やリサイクルの大切さを考えます。




■開催日時
12月2日(土)
13時30分~15時30分 ■講座タイトル
携帯電話をとことん分解~電気電子機器に眠る金属資源~   ■講師
講師 東北大学大学院環境科学研究科 白鳥寿一 教授 ■講座概要
使用済みの携帯電話をバラバラに分解し、その中にはたくさんの材料が使われていることを実感しながら、金属材料の資源としての重要性やリサイクルの大切さを考えます。
ご好評により第2弾の開催です。 ■募集人数/対象
28人 ※抽選、当選者にのみ11/25までにご連絡します ■申込締切
11月21日(火) ■会場
たまきさんサロン(東北大学青葉山新キャンパス環境科学研究科本館) ■お申し込み方法
メールまたはハガキ、FAXでお申し込みください
必要事項:必要事項:講座名、参加者氏名、年齢、住所、電話番号 ■問い合わせ・申し込み先
せんだい環境学習館たまきさんサロン
〒980-0845 仙台市青葉区荒巻字青葉468-1
メール:tamaki3salon@city.sendai.jp
電話 022-214-1233 FAX 022-393-5038

11月25日(土)10時00分〜12時30分
和紙から学ぶ天然素材~オンリーわん!な年賀状を作ろう~
手すき和紙工房 潮紙 代表 塚原英男
和紙の特性や原料の天然素材について教わりながら、実際に紙漉き体験をしてみませんか。紙漉きした和紙で平成30年の干支「戌」を用いたオリジナル年賀状を作ります。




■開催日時
11月25日(土)
10時00分〜12時30分 ■講座タイトル
和紙から学ぶ天然素材~オンリーわん!な年賀状を作ろう~   ■講師
手すき和紙工房 潮紙 代表 塚原英男 ■講座概要
和紙の特性や原料の天然素材について教わりながら、実際に紙漉き体験をしてみませんか。
紙漉きした和紙で平成30年の干支「戌」を用いたオリジナル年賀状を作ります。 ■募集人数/対象
小学生以上の子どもと保護者12組 ※抽選 ■申込締切
11月19日(日)※申込締切を延長しました。 ■費用
500円(1組) ■会場
たまきさんサロン(東北大学青葉山新キャンパス環境科学研究科本館) ■お申し込み方法
メールまたはハガキ、FAXでお申し込みください
必要事項:必要事項:講座名、参加者氏名、年齢、住所、電話番号 ■問い合わせ・申し込み先
せんだい環境学習館たまきさんサロン
〒980-0845 仙台市青葉区荒巻字青葉468-1
メール:tamaki3salon@city.sendai.jp
電話 022-214-1233 FAX 022-393-5038

伊達な節電所キャンペーン
生物多様性保全推進事業
たまきさんブログ

四季を知らせ彩る和菓子~手作り体験と共に~【サロン講座】

たまきさんサロンスタッフです。 10月29日(日)にサロン講座「四季を知らせ彩る和菓子~手作り体験と共に~」を開催しました。 はじめに、杜の菓匠 玉澤総本店の相談役 土屋さんから四季と和菓子の関わりについてお話しをいただきました。 和菓子の主菓子は、立春・立夏・立秋・立冬の節分によって変わってくるそうです。     立春の和菓子は花びら餅、紅白まんじゅう、桜餅など。 立夏の和菓子は桜の山、柏餅、焼鮎など。 立秋の和菓子は七夕最中、竹流し羊羹、紅葉の山など。 立冬の和菓子はコスモスの山、紅白まんじゅう、雪輪モナカなどがあるそうです。   次に、和菓子職人の梅津さん、小形さんから和菓子づくりのお手本を見せていただきました。
梅津さんには、かぼちゃの練り切りを作っていただきました。    
小形さんには金団で秋桜(コスモス)を作っていただきました。    
  今回は、こちらの4種類の中から上2つの茶巾を使用した練り切りと、型を使用した練り切りを作ります。      
梅津さんからは、型を使った作り方を教わります。    
  まず、色餡でこしあんを包みます。    
  次に、包んだ餡を片方の型に入れます。    
  もう片方の型をはめて・・・    
  型から外すと出来上がりです。    
  型は他にもいろいろな種類があります。           茶巾絞りを使った作り方は小形さんから教わります。       3色の色餡を並べ、3色が綺麗にくっつくように上の方をつまみます。    
  伸ばした色餡にこしあんを包みます。    
  茶巾に包み、形を整えます。    
  茶巾から外し、氷餅をかけたら完成です。        
完成した和菓子は、みなさんで美味しくいただきました。 自分で作るとより美味しく感じられたと思います。     玉澤総本店の土屋さん、梅津さん、小形さん、参加者のみなさんありがとうございました。   *‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥* せんだい環境学習館 たまきさんサロン 平 日 10:00~20:30 土日祝 10:00~17:00 休館日 月曜(月曜が休日の場合は、その翌日)祝日の翌日・年末年始 *‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*  

たまきさんブログ

キューバに来たぞ。めちゃくちゃネットが大変!

キューバに来たぞ。でもネットが超〜大変です。
暑い。ボロボロのアメ車に、大騒音の街。
でも人はものすごく優しいんだよ。
なんか物質を欲しがり続けているいまの暮らしって、疑問だ。

たまきさんブログ

ヤギたちと学ぼう~人と動物のいのちのつながり~【サロン講座】

たまきさんサロンスタッフです。 9月23日(土)にサロン講座「ヤギたちと学ぼう~人と動物のいのちのつながり~」を宮城教育大学にて開催しました。
はじめに、齊藤千映美先生より人の役に立つ動物(家畜)について学びました。       これからふれあう「ヤギ」のミルクや肉は食用として、皮や毛は手袋やブーツ、洋服に使用されています。
スイスの雪山の中から発見されたミイラの死体にもヤギ皮が着せられていたことがわかり、約5,300年も前から人の衣類として役に立ってきました。     他にもヤギは草を食べて草刈りの役目をしてくれたり、糞が肥料になったりと、たくさん人の助けになっていることを知りました。 これから、実際に動物たちとふれあいます。   最初はみなさん恐る恐るエサの草をあげていましたが、徐々に慣れていき、ヤギを撫でることができました。         1番大きなオスヤギのつよしくんは、飼育スタッフの方と相撲を取っていました。つよしくんが立ち上がるとみなさんからは「おぉっ!!!」と驚きの声が上がっていました。     他にも、烏骨鶏やうさぎともふれあいました。   烏骨鶏は逃げ足がとても速いので、捕まえるにも一苦労でした。 烏骨鶏の白い羽の下の地肌はカラスのような黒色であることから「烏骨鶏」と名付けられたそうです。     うさぎはとても大人しく、毛がふわふわしていました。         ヤギとお散歩をしながら室内に戻り、先ほどふれあった烏骨鶏の卵を使って今度はホットケーキを作ります。         みなさんお家でも作っているのか、手際良く上手に作っていました。         完成したホットケーキを試食。普段ご家庭で作るホットケーキよりも色味が濃く、味も濃厚でおいしくいただきました。                 今回は、実際にふれあいながら動物がいかに人々の生活に役立っているかを学びました。 齊藤千映美先生、宮城教育大学のスタッフのみなさん、学生のみなさん、参加者のみなさんありがとうございました。             *‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥* せんだい環境学習館 たまきさんサロン 平 日 10:00~20:30 土日祝 10:00~17:00 休館日 月曜(月曜が休日の場合は、その翌日)祝日の翌日・年末年始 *‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*

東北電力ホームページへ いま

11月18日

予想最大電力
1,187万kw(18~19時)
供給予備率
19.9%
ワケルネット
地球温暖化って?
宮城県環境情報センター
EPO TOHOKU
DATE BIKE